源流旅人の山日記

手帳への記録が面倒になり、写真も合わせて記録できるブログ日記に変更

2017年3月20日 丹沢大山ネクタイ尾根

 一日の休養明けは丹沢のプチバリへ。土曜日の雪山とは打って変わって、春の陽気の丹沢は大山のネクタイ尾根に登ってきました。でも、ネクタイは一つもありませんでした。
 4:30に自宅を出て、R246伊勢原市役所前経由で日向ふれあい学習センターの先の駐車場に6時過ぎに到着。少し戻って浄発願寺の奥の院に上がります。一番上は岩屋になっています。
浄発願寺奥の院岩屋
 ここから日向薬師に続く道を進んで、尾根に出たところで踏み跡に入ります。踏み跡といっても登山道並みですが。途中、二ノ沢の頭で休憩。一昨日の疲れか、足が重いです。778m先から見た三峰山はいつも通りの「山」の形で、うれしくなりますね。
三峰山はいつ見ても
 そのまま稜線に上がって唐沢峠へ。ここで二回目の休憩をしてから巡視路に入り、沢に下って行きます。
唐沢峠
 堰堤の上を越えて尾根の末端に取り付くも鹿柵に阻まれ、左に回り込んでようやく尾根に。大山はまだ先に見えていますね。でも枯木山に比べれば、ラッセルがない分はるかに楽です。
あそこまで登る
 いくら尾根を登っても一向にネクタイが現れません。テープはいっぱい付いているのに、ネクタイはどこに行ったんだ。途中でもう一回休憩を入れて北尾根に上がると、三ノ塔の向こうに富士山がドーンと登場。
三ノ塔の向こうに富士山
 最後の脚立を越えて四回目の大山山頂へ。まだ時間は10時なので人はそれほど多くありません。
4回目の大山
 霜柱の溶けたグジュグジュの道を下って見晴台へ。折角持ってきたので、コンロでお湯を沸かしてカップヌードルで早めのランチ。奥の方では爺さんたちがハッピィ・バースデの乾杯をしていました。
見晴台から
 ここからキャンプ場経由で下山。車に戻ったのは11:45だったので、約5.5hのプチ・バリのハイキングでした。

2017年1月22日 2017年の山:雲取山

 先週の山行の際、田中さんから雲取山の標識がスペシャル・バージョンになっていると聞き、これは是非今月中に登っておかなければと思い、雲取山に出かけてきました。雲取山の標高は2017.1mで、2017年1月の記念です。
 4:40に自宅を出発して、順調に鴨沢の村営駐車場に2時間で到着。でも、スペースが空いていないので脇に駐車します。隣に停めた方は高井戸からだそうで、ご近所さん。
 歩き始めてしばらくで例の廃屋。一体いつまで残っていることやら。
まだ残っている廃屋
 足元の雪が凍っていて時々滑る。堂所までは何とかダマシダマシ登ったが、さすがに面倒になってアイゼン装着。30数年前の骨董品ですが、ベルト締めのアイゼンはこれしか持っていません。これでも当時は最先端の氷壁用アイゼンでした。
骨董品
 欠点は重いこと。一気にペースダウンです。七ツ石小屋からの道との合流点で二回目の休憩をして、ブナ坂から稜線へ。風が冷たいです。奥多摩小屋の手前で見る富士山が今日の最高。この後は、富士山に雲がかかってきました。
今日の富士山20170122
 小雲取山の登りを休み休みこなすと、頂上までは後少し。
あと少し
 ちょうど11時に頂上に到着です。駐車場から約4時間でした。
雲取2017
 避難小屋でお湯を沸かしてカップ焼きそばで腹ごしらえ。その後、わざわざ持ってきたQuickyを出したけど、滑れたのは5mほど。残念。
 順調に下って、駐車場には14:10に戻ってきました。

2017年1月8日 美ヶ原

 風邪も何とか回復してきているので、今日は2017年初登りで美ヶ原に出かけてきました。午後から天気が悪化するようなので、午前中の勝負です。
 4:30に田中さんをPUして、上信越道佐久南ICで降り、ほっとぱーく浅科の道の駅でトイレ休憩。旧中山道の国道142号から県道178号に進む。雪の凍結した道を慎重に進んで、山本小屋の駐車場に7:20に到着。トイレを借りた小屋の中では、宿泊客向けに餅つきをやっていました。心配した天候もまずまずで、駐車場からは八ヶ岳(右肩には実は富士山も)や南アの巨人たちが見えています。
八ヶ岳
 準備をして7:30に出発。20分ほどで美しの塔へ。
美しの塔
 雪上車の跡を辿り、百曲園地の方に進むと大パノラマが広がる。これは中央アルプス。
中ア方面
 御嶽山。
御嶽山
 そして乗鞍岳。
乗鞍岳
 ここから雪原(ウーム、雪原と言うには雪不足)を横切って、広い道に復帰。
雪原
 そこからしばしで、電波塔の乱立する王ヶ頭だ。このホテルの立地は素晴らしいですね。
王ヶ頭ホテル
 最終目的地の王ヶ鼻もすぐ近くなので、そのまま進むが、雪が少ないせいか、まるで観光地状況です。
王ヶ鼻
 それを割り引いても眺めは最高。美ヶ原は信州のへそのような場所ですね。雪の豊富な後立山から頚城の山々が素晴らしい眺め。
後立山の山並み
 そして極め付きは、真正面の槍穂連峰です。松本平の向こうに素敵な姿を見せてくれています。
槍穂連峰
 十分に日本アルプスを堪能したら、来た道を戻ります。王ヶ頭は巻道を使い、美しの塔へ雪原を横切り、カイトボード(多分そう言うのではないかな)の人達を見つつ、駐車場へ。3時間弱の素晴らしいスノーハイクでした。

2016年12月31日 二上山

 2016年の登り納めは二上山(にじょうさん)。昔はふたかみやまと呼ばれていた山で、当麻にある双耳峰です。
 今朝は冷え込んで車の窓に氷が着いており、それを溶かしてから8時に出発。道の駅ふたかみパーク當麻に車を停めて9時前に歩き始める。街中を抜けて行くと傘堂なる一本足のお堂がありました。
傘堂
 鳥谷口古墳を過ぎ、祐泉寺の脇から登山道に入っていく。沢沿いの道から斜面に変わると暫しで馬の背に到着。そこからさらにひと登りすると、三角点のある雌岳。
雌岳
 ここは県境の地なので、大阪の街が見えています。
大阪の街並み
 一旦馬の背まで戻って次は雄岳。こちらは樹林の中で展望はないが、大津皇子の墓陵があり、歴史を感じさせます。
大津皇子の墓
 下り始めて直ぐに道が分岐、木に「ふるさと公園方面」と書いてある方に進む。急に登ることにしたので地図を持っていないので若干心配したが、道は明瞭。意外と何人もの人が登ってくる。途中のピークで視界が開け、ラクダのコブのような双耳峰が見えました。
下山途中から
 最後は長い石段を下って、ふるさとパークから道の駅へ。ちょうど2時間の山行でした。

2016年12月30日 高峰山と大国見山

 今日は朝から床磨きを済ませて、高峰山へ。小学生の頃親父に連れられて下から登ろうとして、地元の猟師さんに止められて諦めた長年の宿題でした。ネットで調べたら、東側の福住から林道をたどれば簡単に行けそうです。
 ゴミ処理場の手前に路駐して出発。高峰山林道を歩いていくと、林道の終点あたりに携帯の中継基地のようなものがある。ここから山頂に行けたようだが、笹で道が不明瞭だったのでそのまましばらく進んで、赤テープのところから適当に山頂へ。三角点はあるけれども、眺望は全くありません。
高峰山三角点
 下りは中継基地の方に下って、約1時間ほどで登山終了。さすがにまだ早いので、近くにある大国見山に行くことに。登り口は、桃尾の滝。ここは中学の頃部活でたまにランニングに来た場所です。
桃尾の滝
 急な坂道を上がってまずは大観寺へ。
大観寺
 そこから峠に上がって、山頂への道を進む。頂上直下には大きな岩が散在していて、ボルダリングもできるようだ(昔のクライミング・ジャーナルに出ていたのはこの岩だ)。
ボルダー
 頂上からは奈良盆地が一望できる。
大国見山頂上
 あれは二上山から金剛山につながる山塊。よし、明日は二上山に行くとしよう。
金剛山界
 こちらも1時間少しのハイキングでした。

«  | HOME |  »

FC2Ad

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

源流旅人

Author:源流旅人
沢登りで最初の一滴を求めて源流を遡る旅人

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード