源流旅人の山日記

手帳への記録が面倒になり、写真も合わせて記録できるブログ日記に変更

2016年5月29日 猿橋城山から倉岳山北東尾根

 気候も良いので、今週は沢は少しお休みにしてちょっとした尾根のバリエーションを歩いてきました。
 荻窪5:11発の電車で猿橋に6:36到着。南口から線路沿いに歩いて登山口へ。中央線の向こうに見えているのが、最初の目的地城山です。
城山です
 小学校の手前、「天王山参道」と書かれた道を入って城山へ。事前に下調べをしていなければ分からないようなところから山道に入る。駅から40分ほどでまずは城山の三角点に到着。ここからは一旦南に下って、次は南東へ。次は南西に折れて、さらに南東に曲がれば後は尾根沿い。でも先は長いです。
まだ先は長い
 標高800m辺りで「ブォー」という声が聞こえ、よく見ると子連れのイノシシ・ファミリーが左に横切っていく。一生懸命笛を吹きました。その上で植林の開けた場所に出ると、ここまで歩いてきたルートが見渡せます。
あそこを歩いてきた
 一旦林道を横切って、10時ちょうどに大桑山に到着。ここからは縦走路、とは言っても途中には、大キレットの長谷川ピークを思わせる岩稜があります。
岩稜帯
 高畑山でお湯を沸かして早めのランチ。富士山がかろうじて見えています。
かろうじて富士山
 食事を終えて倉岳山に移動。こちらは結構人が多いです。
倉岳山は人が多い
 旅人もゼリーで喉を潤して北東尾根へ。入っていはいけないと言われているところに進入です。
ここを入る
 比較的踏み跡ははっきりしているものの、ポイントポイントでGPSで方向を確認しながら進む。747m点では少し間違えたて、登り返し。このお手製標識を見落としてしまったようです。
お手製標識
 途中には岩場もあるけれども、トラロープもあり、順調に下降。最後はこういうところに出てきました。
ここに降りてくる
 登山道に合流するとすぐに車道。梁川駅に着いたのは13:15。ちょうど24分発の電車があったので、それに乗って帰宅です。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wanishita.blog122.fc2.com/tb.php/980-fc3daa1f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

源流旅人

Author:源流旅人
沢登りで最初の一滴を求めて源流を遡る旅人

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード