源流旅人の山日記

手帳への記録が面倒になり、写真も合わせて記録できるブログ日記に変更

2016年4月16日 丹沢・鳥屋鐘沢

 今日は、先週に続いて田中さんと今年初の沢登りで、丹沢早戸川流域の鳥屋鐘沢に出かけてきました。
 朝6時前に荻窪を出発して、早戸川橋の近くに7:25に到着。早戸川林道を歩いて鳥屋鐘沢出合まで。途中のマス釣り場は朝早くから賑わっています。林道から早戸川に下って沢装備に。
鳥屋鐘沢出合
 沢に入ってしばらくでナメのF1が出てくる。その上は倒木なので右から回り、釜のある滝も左から巻く。次に登場するのは左に水を吹き出す取水施設を従えた二条の滝。岩はツルツル。右から足場の悪いところを高巻き。
取水口
 続くゴルジュも左のロープが垂れたところから巻き上がり、大滝の下へ。真ん中に顕著なクラックがあり、登れるらしいが、これも右側から小さく巻く。
大滝らしい
 続いてゴルジュ奥のチョックストーン滝。端から登る気はないので左から巻き。巻きルートにはテレビのアンテナ線が束になってぶら下がっています。職業電気屋の釣り師の作品かな。
CS滝
 そこから少しで滝場は終わり、淡々と歩いて堰堤を4つ越すと、左から水沢が入ってくる。今日は栂立尾根を下るつもりなので、こちらに入っていく。唯一の滝らしい滝が、堰堤とともに登場。水流沿いは階段状なので登れそうだが、シャワーを嫌って左から高巻き。高巻きも高度があるので、念のためロープを出して登りました。
水沢最初の滝
 滝もないまま、早くもつめの様相。最後は支尾根に上がって1043mに到着。
つめ
 靴を履き替えていたら田中さんが大声を上げた。スパッツのファスナーにヒルが一匹ついており、ヒル下がりのジョニーを大量噴射。下山は予定通り栂立尾根へ。ツガタチには標識がありませんでしたが、おそらくここがピーク。
おそらく栂立
 鹿柵をくぐって直進したのが間違い。ここで左よりの尾根を進まなければいけないところを柵に沿って進んだら、何かおかしな雰囲気。こういう日に限って二人ともGPSを持ってきていない。コンパスで確認したら南に向かっている。宮ケ瀬鐘沢に下ってしまう。登り返して、途中の脚立で柵を越え、岩壁の下を目指す尾根へトラバース。
 六百沢ノ頭で左に折れ、532mピークへの分岐で休憩していると、後ろからラジオと熊鈴の音が近づいてくる。おじさんが直進していくので、「右じゃないですか」と声をかけたら、「こちらのほうが橋のところに直接降りられる」という返事とともにさっさと降りていった。相当この辺りを歩いている達人だったようだ。我々もおじさんの後を追って下ると、話のとおり橋のすぐそばに着きました。
帰ってきました
 ちょうど5時間ほどの山行でした。最後は荻窪でフレンドに寄って、田中さんがチェコ製の簡易ハーネスを購入しました。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wanishita.blog122.fc2.com/tb.php/967-673b2640
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

源流旅人

Author:源流旅人
沢登りで最初の一滴を求めて源流を遡る旅人

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード