源流旅人の山日記

手帳への記録が面倒になり、写真も合わせて記録できるブログ日記に変更

2016年4月9-10日 越後・大兜山

 田中さんと越後の大兜山に登ってきました。昨年のネコブ山の時に、西側に見えていた薮山で、雪のある時期でないと苦労する山です。
 朝5:30に田中さんをピックアップして関越を六日町まで。途中の赤城高原から見る谷川も雪が少ない。
谷川も雪少ない
 三国ダム手前にある野中集落の集水施設の脇の道を進む。終点まで行けるかどうか確信が持てなかったので、途中の橋のところに車を停め、8:20に歩き始める。足元のフキノトウも花が開いてしまっている。途中から大兜の頭頂部が見えた。
大兜が見えた
 車道終点から左岸の山道を辿り、ジロト沢を分けた少し先に比較的平らなところがあったので、テントを設営。本当は雪の上で宴会をするつもりだったが、軽い荷物で登ってしまうことにしました。9:20に滝沢の二俣の少し先で渡渉。飛び石で渡れないので、靴のまま水に飛び込みました。
渡渉前
 取り付いた北尾根はひどい薮で、特に尾根上に上がるまでが大変でした。尾根にはかすかな踏み跡が続いています。
薮こぎ中
 次第に雪が現れ始めると、キゾウ平の平坦地。だいぶ頂上が近づきました。
キゾウ平の一角
 過去の記録ではここから北東尾根に移っているものが多いですが、我々はこのまま北尾根を登ることにして、途中でアイゼンを着けます。右手には小兜山が見えています。
小兜を見ながら
 急な雪面を休み休み登っていくと、やがて雪に覆われた頂上が近づいてくる。
頂上が近づく
 頂上の一角に飛び出すと360°の大展望。昨年登ったネコブ山が目の前に。
ネコブ山
 さらに100mほど進んで山頂へ(12:40)。1341mの三角点はもちろん雪の下。
頂上で
 南西にはたおやかな巻機山。
巻機山
 北には越後三山。
越後三山
 絶景を十分に楽しんで、13時に下山開始。ルンゼ状のところを一気に下り、北尾根に戻ってあっという間にキゾウ平。藪こぎも下りはかなり楽です。朝よりも少し上流の場所に降り、岩の上から対岸にジャンプ一発で渡渉完了。15時過ぎにテントに戻ってきました。
テント場
 薪を集め、沢から石を拾ってきて囲み、焚き火の準備が完了。16時頃から飲み始め、暗くなる頃には盛大な焚き火になりました。
焚き火中
 翌日は5時に起きて6時に撤収。7時前には車に戻ってきて、三国ダム下の無料露天風呂に寄ったのですが、まだお湯が入っていませんでした(季節外れなんですね)。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wanishita.blog122.fc2.com/tb.php/963-1fb2b771
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

源流旅人

Author:源流旅人
沢登りで最初の一滴を求めて源流を遡る旅人

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード