源流旅人の山日記

手帳への記録が面倒になり、写真も合わせて記録できるブログ日記に変更

2016年3月20日 鉢盛山

 北アルプス南部、乗鞍の東に位置する鉢盛山に登ってきました。雪のある時期限定の、野麦峠スキー場からの往復です。一泊するつもりでテントを担いで行きましたが、結局日帰りになりました。
 現地には9時過ぎに着けばいいかなとの判断で、上野原までR20を走り、中央道を塩尻まで。奈川渡ダムから野麦街道に入って、スキー場の第3駐車場には8:40に到着。リフトに乗って一番上まで上がる。スノーシューを履いて9:30に出発です。スキー場も雪が少ない。
 エキスパートコースを少し下って、右の尾根に入っていく。スノーシューのトレースが付いていて、迷いようがない。途中の小ピークで休憩。ようやく鉢盛山が姿を現した。山頂の反射板も小さく見えている。
鉢盛山が見えた
 先に進むと左手に御嶽山が見えてきたが、雲がまとわりついている。テン場はここにしようかな。
御嶽山には雲
 小鉢盛山を過ぎて下りの途中で2回目の休憩。一旦鞍部まで下って、そこから最後の登りにかかるが、一泊分の荷物が重く、喘ぎながらの登行。
荷物が重い
 途中で下山してくる単独の方とすれ違う。そしてようやく頂上に飛び出す。三角点は雪の下で、眺めも良くないので、反射板の方に進む。4人の先行者が休憩中でした。そのうちの一人は、駐車場で隣に車を停めた新潟の女性。
鉢盛山頂上の反射板
 東の方面は雲の下だが、乗鞍は綺麗に雪をまとった姿を見せている。
乗鞍岳方向
 手前に雲が湧いているのが残念だが、穂高から槍の姿を拝むことができました。
穂高は半分雲
 しばらく粘ったものの、雲は取れそうもないので、13時に下山開始。小鉢盛山への登り返しがきつい。時間もまだ早いので先に進む。Quickyをザックに付けたご夫婦が少し前を歩いている。
下山中
 御嶽山の見える場所も通りすぎ、今日中に下山することに決定。スキー場に戻る少し手前で太ももが痙ってしまった。ヤバイ、リフトは16時過ぎで止まってしまうのに、それに間に合うかな。
 上のリフトは乗れないので、ゲレンデの端を歩いて何とかリフト乗り場に戻ってきた。時刻は15:55。
戻てきた
 結局約6時間半のピストンでした。こんなことなら、軽い装備でサクッと登れば良かった。
 16:30に現地を出て、途中大月から小仏の渋滞に巻き込まれ、自宅には21:30に戻ってきました。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

私も山に行きたいです。介護早くおわらないかな?

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wanishita.blog122.fc2.com/tb.php/958-a1251939
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

源流旅人

Author:源流旅人
沢登りで最初の一滴を求めて源流を遡る旅人

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード