源流旅人の山日記

手帳への記録が面倒になり、写真も合わせて記録できるブログ日記に変更

2016年1月24日 姥子山

 今日は大月の北側にある姥子山に出かけてきました。月曜日に降った雪が半端ではなく、本格的な雪山でした。
 自宅を5時に出て、R20を大月から金山鉱泉へ。久々に登山靴を履いて7:45に出発ですが、いきなりこれです。橋の上に30cmぐらい積もっている。川に落ちないように気をつけて、登山開始。
いきなりこれ
 軽いラッセルで尾根を登っていく。大埜山の手前で休憩して先へ進むが、雪が脛ぐらいまでの深さになってくる。この辺りでようやく姥子山が見えてくる。左奥の一段高いのは雁ヶ腹摺山。
見えてきた
 座るとおしりが濡れるので金山峠もそのまま通過。
金山峠
 百間干場からしばらく林道を進むが、ここのラッセルで消耗。途中の尾根への入口を見落とし、林道を最後まで詰めてしまった。おかしいと思ってGPSで確認し、少し戻ってから適当に植林帯を登って尾根へ。登るにつれてどんどん雪が増える。これは本格的な雪山だ。
ラッセルです
 奈良子林道に上がったところで休憩。姥子山まではもう少し。林道もラッセルで進んで頂上へ。時間は12:35、なんと4時間もかかった。
 本来は富士山の眺めがよいピークなのだが、雲がかかって下半分しか見えていない。しかも寒さのせいで、デジカメのシャッターがおりなくなってしまった。丹沢の写真を撮りそびれてしまいました。
姥子山頂上
 下りは自分のトレースがあるので早い。途中で振り返った姥子山です。東峰と西峰の間に突き上げる南尾根も登れるみたいなので、今度また来てみようかな。
下山途中で姥子山
 南に展望の開けた場所で最後の休憩。富士山は大分見えるようになったが、まだ上は雲の中(帰りの中央道ではミラーにくっきり映っていましたが)。
こちらは雲
 大埜山との分岐から、自分以外の足跡が出てきた。お腹が空いてきたけど、何とか登山口には3:30前に戻ってこれました。上野原から高速に上がって、5時過ぎに帰宅。想定を超える本格的な雪山でした。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wanishita.blog122.fc2.com/tb.php/945-8d924d21
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

源流旅人

Author:源流旅人
沢登りで最初の一滴を求めて源流を遡る旅人

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード