源流旅人の山日記

手帳への記録が面倒になり、写真も合わせて記録できるブログ日記に変更

2016年1月9日 大ナゲシ北稜

 2016年最初の薮吉山行は西上州上野村の大ナゲシ北稜です。
 5:30に田中さんをPUして、本庄児玉から神流町を抜けて野栗沢の奥、くりみ橋の脇に8:15頃到着。沢の左岸をしばらく進んでから杉の植林斜面を上がって尾根に出る。
尾根に上がる
 北からの尾根に合流してしばらくで、最初の懸垂ポイントへ。ここは30mロープ1本で大丈夫だが、最後は空中懸垂になる。
最初の懸垂ポイント
 ここで一息入れて、次の諏訪山へ。岩壁を右に巻いて、洞穴のあるところでルンゼ状のところを上がる。
諏訪山へ
 諏訪山の頂上には祠がありますが、こんなものどうやって持ち上げたんでしょうね。
諏訪山の祠
 少し先の岩の上から、逆光の中、これから進むルートが望める。まだ先は長いな。
まだ先は長いです
 諏訪山の南面は岩壁なので、左の落ち葉の積もった斜面を下り、途中で踏み跡を右手に辿って標七のコルへ。コル下の日だまりで二回目の休憩。
 さあ先に進もう。
標七の先
 小ナゲシも正面は岩場になるので、左側の急斜面から回り込んで頂上へ。大ナゲシまでもう少しだ。
後少しで大ナゲシ
 その前にもう一度懸垂下降。こちらは30m。
第2懸垂ポイント
 コルからは右手の踏み跡を辿って一般ルートに合流。ロープのぶら下がった岩場を越えて肩に上がり、そして最後の岩場。
最後の岩場
 木の間を10mほどで大ナゲシの頂上。時間は12:25、約4時間で到着です。旅人は今回が二度目の大ナゲシ登頂。前回は赤岩尾根のついでに登りました。
大ナゲシ頂上
 天気は最高で360度の展望。奥秩父の山に隠れて富士山が見えないのが残念だが、筑波山から谷川の方までよく見えます。西に見える天丸山、大山には以前登りました。その隣の宗四郎山も魅力的。
宗四郎がちょっと惹かれる
 そしてこちらが1ヵ月前に登ったサスの峰とその後ろに御荷鉾山。写真では分かりにくいけど、サスの峰から栗原山の稜線は小ピークが一杯。
サスの峰だ
 12:40に下山開始。県界尾根に戻って赤岩峠へ。
赤岩峠
 下山途中で、気の間に大ナゲシが見えています。
これが大ナゲシ
 あまりよくない道を約2時間で下って、14:20に車に戻ってくる。約6時間の薮吉山行でした。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wanishita.blog122.fc2.com/tb.php/940-f1174c2e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

源流旅人

Author:源流旅人
沢登りで最初の一滴を求めて源流を遡る旅人

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード