源流旅人の山日記

手帳への記録が面倒になり、写真も合わせて記録できるブログ日記に変更

2015年12月31日 下仁田しれいた山

 2015年の最後の山行は田中さんと下仁田方面に出かけてきました。鹿岳の手前にある落沢岳からしれいた山という超物好きな山です。今シーズンはアイスが全滅状況で、こんな藪岩ばかり登っていたら、源流旅人ではなく藪吉に名前を変えることになりそうです。
 6時前に田中さんをPUして下仁田へ。林道入り口のところに車を停めて8時前に出発です。墓地のある二俣を右に入り、倒木が増えてきたところで右の斜面に上がって、杉の植林地から分水尾根へ。尾根に上がったら、地図には出ていない林道がありました。
 さて、ここからグズグズの尾根を上がって、しれいた山につながる稜線へ。落沢岳へ向かう稜線はこんな感じの岩稜です。
稜線を行く
 4つ目のピークが落沢岳の頂上。1.5hほどで到着しました。
落沢岳頂上
 頂上からの眺めは、若干木がうるさいものの360度に広がっている。浅間山の雪は少ないですね。
落沢岳から浅間山
 その右手の妙義山はいつ見ても特異な様相。
やっぱり妙義は
 下りのP4は右から巻いてしれいた山へ進みます。右後方には鹿岳と四ッ又山。
鹿岳と四ッ又山
 そして前にはこれから向かうしれいた山ですね。
しれいた山へ
 この先でザレた急斜面になり、懸垂下降。
懸垂の準備中
 二回の懸垂で下りた後見上げたルートですが、岩壁ですね。
ここを降りた
 しれいた山はツインのピークで、西峰の南側は山名の由来である「白板」の岩壁。そのずっと先には稲含山が尖がっている。
岩壁の向こうに稲含山
 両側はスッパリ切れ落ちた岩壁で、結構緊張します。
頂上目前
 しれいたの頂上には10:30に到着。ここから東へ次のピークまで進んで、北に下りる。最後はほぼどんぴしゃで二俣に。約3.5時間の山行(藪岩魂注入)でした。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wanishita.blog122.fc2.com/tb.php/935-c8139307
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

源流旅人

Author:源流旅人
沢登りで最初の一滴を求めて源流を遡る旅人

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード