源流旅人の山日記

手帳への記録が面倒になり、写真も合わせて記録できるブログ日記に変更

2015年11月22日 バラの段から大光山(連休2日目)

 朝方は冷え込むかと思ったが、それほどでもなかったので、結局フリースもダウンも無用でした。予定より1時間も早く起きてしまい、ゆっくりとお茶と食事を摂って、ヘッドランプのいらなくなる頃にテントを撤収。6:15に出発です。
 まずは舗装された林道を安倍峠へ。ここは甲斐と駿河を結ぶ峠。少し寄り道して300mほど南に進み、安倍川の源流を見物。
安倍峠
 元に戻ってまずはバラの段に登る。頂上直下は急な細尾根になっている。40分ほどで頂上に着くが、雲で何も見えません。水だけ飲んで先に進みます。これは振り返ってみたバラの段。
バラの段を振り返る
 途中で左後方を振り返ると、どんよりとした空の下に七面山と笊ヶ岳が見えた。
七面山と笊
 ワサビ沢の頭を過ぎるとなだらかな尾根に変わる。笹に覆われた気持ちの良いブナ林が続く。
気持ちの良いブナ林
 大笹ノ頭で一度休憩を入れ、大光山へ。これで「おおっぴかりやま」という変わった名前の山頂。
大光山頂上
 草木へ下る道側のピーク先で休憩して最後の景色を楽しむ、と言いたいところだが、まだ周りは雲で十枚山も見えない。
 水場の小屋のところで顔を洗い、先を急ぐ。斜面の下の方で何か動くものがいると思ったら、カモシカだ。先日の角落山でも見かけたが、最近増えているのかな。途中に大カツラの看板があり、見上げると確かに立派な木。
大カツラ
 1.5hほどで登山口の林道に着いたが、皮肉なことに青空が見え始めてきた。ここからは舗装路歩き。途中で、すすきに覆われた斜面に色づいた1本の楓があり、思わず足が止まる。
何かいい感じ
 草木には行かず、途中で右に曲がって新田方向にショートカット。黄金の湯には11:40頃戻ってくるが、駐車場は満車で次々と車がやってくる。この辺りでは人気のスポットのようです。お土産でも買おうかと思ったが、めぼしい物がなく、12時過ぎには帰途に着く。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wanishita.blog122.fc2.com/tb.php/929-7f7d8718
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

源流旅人

Author:源流旅人
沢登りで最初の一滴を求めて源流を遡る旅人

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード