源流旅人の山日記

手帳への記録が面倒になり、写真も合わせて記録できるブログ日記に変更

2015年11月7日 雨坊主山・角落山・剣の峰

 今日は霧積温泉の北にある雨坊主(アメンボウズ)山、角落山そして剣の峰に、倉渕町側から登ってきました。天気は今ひとつでしたが、ちょうど標高1,000m辺りが紅葉の盛りで、見事な色彩を堪能できました。
 朝の4時過ぎに自宅を出て、倉渕町にあるはまゆう荘に7時過ぎに到着。駐車場に車を停めさせてもらって出発です。目の前の林道に入って10分ほどで森林散策コース入口に。中央広場を経由して針葉樹の森の道を辿る。標識はボロボロで、雨坊主の文字も読めない。
ボロボロの標識
 赤や黄色に色づいた木々の合間に、角落山と剣の峰が見え隠れ。結構とんがっていますね。
角落山と剣の峰
 途中の1116mピークを超えた先で、獣が移動する物音が聞こえ、笛を吹きながらよく見ると、カモシカがこちらを見つめていました。水の少ない滝を右に見て尾根を上がり、雨坊主につながる主稜線に。合流するところのピークを南側から巻いていくと、雨坊主が目の前に近づく。
雨坊主が近づいてきた
 頂上直下は右手が岩場なので、ルートは左寄りを縫うように続いている。8:40に雨坊主山の頂上に到着。1,295mの三角点は東側にあった。
雨坊主山頂上
 浅間隠山を眺めながら、しばらく休憩。
浅間隠山
 来た道を戻って、倒れた道標のあるところから、角落山につながる尾根に入る。途中では、色づいた葉っぱの降り積もる紅葉のプロムナードを進む。
落ち葉のプロムナード
 やがて角落山の男坂のルートとなり、落ち葉が溜まって歩きにくい急坂を登っていく。途中には2箇所鎖場があり、こちらは頂上手前のもの。最初の一歩が遠く、鎖に体を預けて一段上がる。
2つ目の鎖場
 そこからしばらくで鳥居のある角落山の頂上に(10:05)。女坂から上がってきた方がラーメンをうどんを作っていました。この頃には雲が下りてきていて、展望がなくなっていました。
角落山に到着
 一旦コルまで下り、剣の峰に登り返す。こちらも結構急な登り。11時過ぎに着いた山頂の看板もクマにかじられて無残な姿。
何も見えない剣の峰
 全く何も見えないので、ゼリーで一息ついたら即下山。長い林道を歩いて12:30に駐車場に戻ってきました。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wanishita.blog122.fc2.com/tb.php/926-94ee2cde
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

源流旅人

Author:源流旅人
沢登りで最初の一滴を求めて源流を遡る旅人

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード