源流旅人の山日記

手帳への記録が面倒になり、写真も合わせて記録できるブログ日記に変更

2015年10月18日 大平山から社山

 今日は北寄りの方が天気が良さそうなので、中禅寺湖の紅葉を眺めに社山に出かけてきました。いろは坂方面からのアプローチは渋滞必至なので、足尾側からバリエーションの尾根を使って、大平山から社山の周回です。
 3時過ぎに自宅を出て、6:20に銅親水公園に到着。山に朝日が当たり始める6:30に出発。最初は林道歩き。中央の下半分が草地に見える尾根から登ります。
中央の尾根
 奥のゲート手前に「みちくさ」という休憩所ができていた。さて、尾根の取り付きは林道が途切れる沢のところ。ここは以前田中さんとウメコバ沢を登りに来た時にテントを張った場所だ。鹿とにらめっこしながら、鹿柵に沿って急な草地を登っていく。ちょっとした岩場を超えて上がっていくと、次第に松木渓谷の荒々しい姿が全容を現す。
松木渓谷
 草地を過ぎると、今度は笹の斜面。踏み跡は定かではなく、鹿道を拾って適当に登っていくが、結構疲れる。
笹の中
 高度を上げてくると、松木の奥に皇海山が見えてくる。
松木と皇海山
 ようやく大平山が目の前に。途中2回の休憩を挟んで、10:10に頂上に到着。実は、大平山はのっぺりしているので最初行き過ぎてしまい、おかしいと思ってGPSで確認して戻りました(先週の鶏冠山でもそうすればよかったんですが)。
大平山
 パンをかじってから出発、次は黒檜山。樹林の中を菱形のマーカーに導かれて往復するが、何の特徴もない山で、展望も全くない。まさしく、ここまで来たからついでに登ったという感じ。
黒檜山
 社山へのコースに戻って途中の平坦地で休憩。かなり変わった地形だ。それにしても、足元が笹で覆われて歩きづらい。途中で紅葉真っ盛りの中禅寺湖が見える。
紅葉真っ盛り
 社山へはいくつかのアップダウンを繰り返す。
社山まで
 頂上は目の前に見えているのに、尾根が曲がっているので結構時間が掛かり、社山到着は12:25。
社山頂上
 頂上南寄りの開けたところには沢山のハイカーが休憩中。ちょうどお昼時なので、お弁当で賑やか。それを避けて、南尾根に少し入ったところで最後の休憩。
ここを下る
 ピンクテープも多く、それほど迷わないルートだが、尾根の分岐ではGPSで確認しながら確実に下る。雨量計の建物を過ぎてすぐに、監視路の標識に沿って斜面を下るが、最後は道をロストし、適当に下って林道へ。駐車場には14:30に到着。ちょうど8時間の行程でした。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wanishita.blog122.fc2.com/tb.php/918-8fbe6bd0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

源流旅人

Author:源流旅人
沢登りで最初の一滴を求めて源流を遡る旅人

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード