源流旅人の山日記

手帳への記録が面倒になり、写真も合わせて記録できるブログ日記に変更

2015年9月22日 焼岳

 連休山行最終日は上高地からの焼岳です。高速道路の渋滞が予想されるので、できるだけ早く登ってきます。
 まだ暗い5:00にヘッドランプを点けて出発。周りにも何人か歩く人がいる。想定通り5:30に登山口に着く頃には、ヘッドランプは不要になる。半分は樹林帯で、焼岳も木の間越しにしか見えない。傾斜が増してくると、梯子が連続し始め、最後は岩壁の間のこの長い梯子。
長ーい梯子
 これを登ると焼岳小屋はすぐそば。時間は7:05、テントから2時間で着いた計算。
焼岳小屋
 しばし一服した後、頂上に向かう。展望台に上がると登る斜面が前面に広がる。ルートは頂上ドーム下まで登り、左のコルに回り込んでいる。よく見るとすぐ目の前に水蒸気が出ている。
あそこまで登る
 途中の噴気孔の硫黄臭を気にしながら歩き、コルに上がる。反対側の中の湯からのルートもここで合流し、一気に人が増える。噴煙の上がる最後の斜面を登って、焼岳頂上に8:15に到着。穂高をバックに写真を撮ってもらったんだけど、おじさんの指が入っていたので、旅人の写ったものはボツに。
焼岳頂上
 焼岳は南峰が入山禁止になっている。その後ろには乗鞍があるのですが、噴煙で隠れてしまっている。
噴煙で隠れた
 今日は雲一つない快晴で360度の展望。北西には笠ヶ岳。
笠ヶ岳です
 目の前には穂高の山並み。
穂高です
 そしてその奥には槍ヶ岳。
槍です
 こんな好天の下、ずっといたいのは山々だが、お昼にはバスに乗りたいので、後ろ髪を引かれる思い出下山。下る途中で、大正池の向こうに、昨日登った霞沢岳が目の前に聳える。
大正池と霞沢岳
 10:15に登山口に戻り、観光客が溢れる梓川沿いを歩いて、バスターミナルへ。発車時刻を見ると次は11:30と12:00。急いでテン場に戻って撤収。12:00のバスに乗って、島々に戻る。
 でも今日はこれで終わらない。13:15に出発して、14時過ぎに塩尻で高速に乗り、甲府までは比較的順調に進むが、笹子トンネルで13kmの渋滞。一宮御坂で降りてR20で勝沼まで行くが、大月方向へ進む車が多い。ここは思い切って青梅街道だと、柳沢峠経由で奥多摩へ。青梅の手前から渋滞が続き、立川の先で五日市街道に転進するも、こちらも渋滞。結局自宅に帰り着いたのは20時でした。教訓:連休は高速だけではなく、一般道も渋滞する。辛抱強く高速を進む方が結局早い。急がば回れとはよく言ったものです。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wanishita.blog122.fc2.com/tb.php/910-f09a7103
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

源流旅人

Author:源流旅人
沢登りで最初の一滴を求めて源流を遡る旅人

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード