源流旅人の山日記

手帳への記録が面倒になり、写真も合わせて記録できるブログ日記に変更

2015年9月21日 霞沢岳

 今日は霞沢岳を往復して、その後上高地まで下り、小梨平でテント泊のスケジュールです。徳本峠からのピストンで距離も長くて大変なのに、結構多くの人が登っていました。BSで最近放映された影響でしょうか。
 朝は4:30に起きて、ヘッドランプの要らなくなる5:30にテントを出る。峠の少し上にある展望台では朝焼けの穂高を狙うカメラマンが何人か待機中。しばらくは展望のない樹林帯を進むが、時折穂高の姿を眺めることが出来る。この角度だと北尾根と明神を連ねる前穂が際立ちます。
とんがる前穂
 40分ほどでジャンクションピークに。ここからの道は結構ぬかるんでいて、トレランシューズだと気を遣う。途中の池塘を過ぎて、K1に向かう登りに入っていく。霞沢岳頂上はガスの中だが、周りは徐々に青空が広がってくる。
青空が出てきた
 姿を見せたK1へは結構な急登。登り着いたピークはガスの中(8:05)。
あれがK1
 K2のちょっとした岩場を越えて、8:35に霞沢岳に到着。こちらのガスは取れたが、周りはまだ雲に包まれている。
霞沢岳の頂上
 下山に移る頃から、徐々に周りの山が姿を現してくる。K2の向こうに穂高もちらりと。
K2の向こうに
 登りにはよく見えなかったK1から霞沢岳に続く稜線もくっきり。
霞沢岳を振り返って
 眼下には帝国ホテルの赤屋根も見える。そしてこちらには、明日登る予定の焼岳。
焼岳も見えた
 名残惜しいが、上高地まで降らなきゃいけないので、K1を後にする。途中一度の休憩で、11:30には峠に戻ってくる。テントを撤収し、12時過ぎに下山開始。
 1時間ちょっとで明神に下りてくるが、さすがにこちらのメインストリートは人だらけ。頑張って14時前に小梨平に着いたのに、食堂は食事の提供をしておらずがっかり。幕営手続きを終えてテント設営後、河童橋へ。河童食堂で人気No.1という山賊定食1,700円をいただく。これまで山行で自前の食料以外を食べたことがなかったけど、こういうのもいいですね。
山賊定食
 みやげ売り場でプレモルとワンカップを買ってテン場に戻る。小梨平はこれができるのがいい。脇のテーブルでビールを飲みながら、お隣の方とおしゃべり。穂高の縦走を計画していたのに、直前に腰を痛め、歩けないけど小梨平で3日間を過ごしているとのこと。色んな方がいらっしゃいます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wanishita.blog122.fc2.com/tb.php/909-2a0a0c2a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

源流旅人

Author:源流旅人
沢登りで最初の一滴を求めて源流を遡る旅人

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード