源流旅人の山日記

手帳への記録が面倒になり、写真も合わせて記録できるブログ日記に変更

2015年8月8日 奥多摩・水根沢

 今日は奥多摩の水根沢に出かけてきました。10年ぶりです。前回は、まだ防水のカメラではなかったので写真がなく、どういうルート取りをしたのか、全く記憶にありません。
 5:15に自宅を出て、小河内ダムの駐車場に7時に到着。準備をしてキャンプ場の先から7:30に入渓。
入渓点
 すぐに第1のゴルジュ。この滝は覚えている。左をへつって突破。
左をへつる
 沢が左に回り込むと、奥には陽が当たり始めてきた。奥の滝は、これも左から残置のシュリンゲを活用してへつる。
これも左
 釜が深いこの滝は、飛び込むしかなさそう。でも、日和って右から巻いてしまった。
右から巻いた
 その先には樋状の滝が白いしぶきをあげている。一度右寄りから近づいてみたものの、これも泳がなきゃいけないみたいなので、結局少し戻って左から岩壁を高巻く。
左から巻いた
 その次の滝を右の壁から登って振り返ると、右岸の上の方にロープが垂れている。旅人の取ったコースのさらに上を高巻いた人のもののようだ。
右岸にロープが垂れている
 この白濁した淵はなんとか右からへつった。流れが速く、途中で足を取られそうになった。
右をへつる
 その次は三段のナメ。これは釜を右から回り込んで、水流を登る。
三段ナメ
 そこからしばらくで、ワサビ田と作業小屋。ここで休憩とする。
作業小屋
 この先も滝は続き、これは水流左のツルッとしたところを這い上がる。
左のツルッとしたところから
 そして最後に半円の滝が登場。一度左から釜を回り込んだが、水流を突破する気になれず、結局左の岩場を上がる。
半円の滝
 まだ時間は9時過ぎ。2時間もかかっていない。でも、ここで終了にし、装備を転換して登山道に上がる。駐車場に戻ってくると、ヘルメットを持った男女ペアが出発していった。着替えの後、10時前には帰途につき、順調に帰宅。
 今週は月曜日に休みを取ったので、明日の夕方から赤抜沢に出かける予定です。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

水根沢谷

右岸に垂れているロープは多分今年僕が残置したロープです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wanishita.blog122.fc2.com/tb.php/886-477e3f97
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

源流旅人

Author:源流旅人
沢登りで最初の一滴を求めて源流を遡る旅人

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード