源流旅人の山日記

手帳への記録が面倒になり、写真も合わせて記録できるブログ日記に変更

2015年7月26日 西丹沢ヤビキ沢

 本日は西丹沢のヤビキ沢に出かけてきました。ナメの美しい沢と聞いていましたが、ちょっと物足りない感じです。
 いつものように自宅を4時過ぎに出て、自然教室に6:15到着。準備をして6:27出発です。先々週は西沢でしたが、今日は東沢。ツツジ新道を歩いて、約40分でゴーラ沢出合。飛び石で流れを渡ろうとして失敗。両足を水につけてしまいました。
ゴーラ沢出合い
 最初のテーブルがあるところまでツツジ新道を登って、3つある堰堤を巻いてからゴーラ沢に降りる。そのままヤビキ沢の合流地点まで進んで、装備の転換。ここまで出発から1時間。
ヤビキ沢流入
 沢が左に回り込むところからナメが始まる。少しガレが入った後登場するこのナメが長い。
ナメが続く
 右から涸沢を合わせると、二段12mのこの沢最大の滝。脆いらしので、左からさっと巻いて先に進む。
二段12m滝
 次の滝もなかなかいいのだが、倒木が残念。
倒木がなければ
 次の3mの滝を左から巻き気味に登るとしばらくで水が消える。この二俣は、一旦中央を登って左に入る。
左に入る
 ガレと涸棚が連続する。
涸棚の連続
 棚がなくなった辺りで左の尾根に上がる。ちょうど崩壊地の縁だった。北には大室山が素敵な感じで見える。
大室山が素敵
 時々アザミにチクチクされながら、テシロノ頭の縦走路に。高みの所に標識でもあるかと思って一旦上に登るが何もない。仕方がないので登山道を下っていくと、下の方に標識があった。そのままベンチのところまで下る。出発から丁度3時間。ここでフルーツの缶詰を食べて、GPSのスイッチON。正面の保護柵の右手から、石棚沢右岸尾根に入る。
ここから尾根を下る
 尾根の最初の方はこんな感じ。踏み跡もはっきり。
こんな感じ
 途中の1065m分岐で西に折れ、石棚沢の出合に降りてくる。
あそこに降りてきた
 ウェルキャンプ場への道は、橋が全部流されていたので、沢靴で降りてきて正解だった。途中で休憩しながら装備を洗い、車には11:15に戻ってくる。約5時間のお手頃な沢でした。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wanishita.blog122.fc2.com/tb.php/883-2729472c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

源流旅人

Author:源流旅人
沢登りで最初の一滴を求めて源流を遡る旅人

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード