源流旅人の山日記

手帳への記録が面倒になり、写真も合わせて記録できるブログ日記に変更

2015年7月12日 西丹沢西沢本棚沢から善六山

 台風のおかげで今週末は好天。西丹沢の西沢・本棚沢とちょいバリに出かけてきました。
 大阪城ホールでの闘いで、オカダ・カズチカがIWPGのベルトを奪回するのを確認した後、4時過ぎに自宅を出て、R246経由で西丹沢自然教室に6:15に到着。荷物を確認して出発。30分ちょっとで本棚の下に。いつ見ても壮観ですね(右は枝沢の滝)。
本棚と枝沢の滝
 もちろんこれは登れないので、20mほど戻って右岸の高巻き。ザレていて結構危険かな。降り立ったところはF3の上。ここで靴を履き変える。しばらくで大きな倒木のかかったF4。
本棚沢F4
 F4を適当に左から巻いて、しばらくは気持ちの良いナメが続く。
快適なナメ
 やがてF5が登場。右寄りから2/3ほど登るが、最後の1mほどのところで、右手に持ったホールドが剥落。慎重を期して、一旦下り、これも高巻き。
本棚沢F5
 左右から水が湧き出すF6は、右寄りをシャワークライムで越える。
本棚沢F6
 しばしで二段になったチョックストーン。この上で二俣になっており、一瞬迷うが、左を選択。
この先で二俣
 急激に高度を上げて、最後は下棚沢との中間尾根へ。喘ぎながら登っていくと登山道へ。時間は9時過ぎなので、ここまで3時間かかっていない。靴を履き替えて、ゼリーで口を潤した後、善六ノタワへ。登山道を離れてそのまま尾根を進むと善六山。
善六山だ
 さらに南東に進みシャチクボノ頭へ。踏み跡は比較的はっきりしている。残念ながら頂上の看板はなかった。
シャチクボノ頭
 200mほど戻って、赤テープの見えた尾根を下る。割と歩きやすい尾根で、3番目と4番目の堰堤の間に下り着いた。途中で靴を洗ってのんびりし、それでも11:10頃には自然教室に戻ってくる。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wanishita.blog122.fc2.com/tb.php/880-740aa567
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

源流旅人

Author:源流旅人
沢登りで最初の一滴を求めて源流を遡る旅人

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード