源流旅人の山日記

手帳への記録が面倒になり、写真も合わせて記録できるブログ日記に変更

2015年5月6日 滝子山 大鹿川 柏木沢

 まだ鼻は抜けきっていませんが、沢登りに出かけてきました。車で行くと渋滞しそうなので、電車で滝子山の柏木沢です。結構きつかったです。
 荻窪5:51発の電車で、八王子で松本行きに乗り換え。西八王子で犬が轢かれたみたいで、少し遅れたが7:50頃に笹子に到着。改札を出て準備をしていると、警官がレスキューシートを配っていた。R20を歩いて原の集落を通って進む。今日も鯉のぼり。電波塔の左側に切れ込んでいるのが、本日登る柏木沢。
今日も鯉のぼり
 寂照園の先の橋(地図ではおそ沢になってますけど)で入渓。しばらくは堰堤が続く平凡な沢なので、右岸の杉林の中を歩き、5個目ぐらいの堰堤先で装備の準備。クモの巣が多いです(これは2つ目の滝)。
2つ目の滝
 今にも落ちそうな大岩の滝は、大岩の下を登る。
大岩の滝
 林道手前のこのネジレ滝はなかなかいい感じですね。
ネジレた滝
 林道先から比較的大きめの岩が転がり始める。その中にあるこの滝は、登る気満々で取り付いたが、最後の一歩で怖気づいていまった。
最後の一歩が
 一旦休憩を入れた後、しばしでクラックの入った滑滝。手前にはCAMPのヘルメットが落ちていた(何かあったのかな)。
クラックの入った滝
 登りにくい大岩のゴーロ帯に入ると、しばしで一旦水が消える。
大岩のゴーロ帯
 インゼル状のところを過ぎて水流復活。何だか嫌な感じのナメが続く。何とか登ったけど、滑ったら大変だ。
なんとか登った
 そして岩壁が迫って来ると、これは登れない滝。左手から慎重に高巻く。
絶悪の詰め
 この上はボロボロの滝のようなので、右手の尾根から詰めにとりかかるが、急な土の斜面に、断続的な岩場。しばらく上に進むが、このままだとヤバそうなので方針転換し、右にトラバースして寂照尾根に出ることにする。岩のないところまで一旦下って支尾根から登山道へ(12:20)。すぐに抜けられるだろうと思って休憩をしなかったため、2.5h登り続けで、もうへとへと。
寂照尾根に
 滝子山の頂上まではあと100m少しの様子だが、過去に何度も登っているので、今回はあっさりパスして下山。笹一のトイレで顔を洗って、売店を覗いたら次の電車は10分後の模様。ビールでもと思っていたが、面倒なので駅に向かい14:03の高尾行きに乗車。
 柏木沢、登山体系の岩崎さんの説明ではデート沢になっていますが、とんでもない。詰めが絶悪です。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wanishita.blog122.fc2.com/tb.php/866-dde95839
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

源流旅人

Author:源流旅人
沢登りで最初の一滴を求めて源流を遡る旅人

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード