源流旅人の山日記

手帳への記録が面倒になり、写真も合わせて記録できるブログ日記に変更

2015年4月29日 勝峰山からタルクボノ峰(五日市の裏山)

 GWの連休を前に、どこに行こうかとさんざん迷った挙句がこのコースでした。一言で表せば、五日市の裏山ですね。
 3時には起きてグダグダしていましたが、重い腰を上げて自宅を6時過ぎに出発。6:44の荻窪発の電車で、立川から武蔵五日市に行き、8時過ぎに山行開始です。まずは秋川街道を歩いて幸神神社のシダレアカシデを見物。
幸神神社のシダレアカシデ
 Webで調べていたら、この先のフェンス沿いに上がっている人もいたが、太平洋セメントの敷地手前に続く道の途中で尾根に上がる踏み跡を発見し、そこから山に入る。しばらくしたら新しい林道に遭遇。途中で尾根に上がろうと思ったら、今度は古い林道。結局2つの林道は合流し、そこからしばしで山道に入る。途中でタラの芽を発見して採取。
勝峰山
 たどり着いた勝峰山は眺めもないのでそのまま通過し、縦走に移ります。エアリアにも2.5万図にも表示はありませんが、はっきりした山道が続いている。おそらく唯一の迷いポイントだと思った場所も、この有様。篤志家、別名モノズキの手になる標識があふれています。
分岐には標識がたくさん
 途中の真藤ノ峰で一回休憩を入れて、梵天山経由で三角点のあるタルクボノ峰へ。
タルクボノ峰(白石山)
 そこから少し進むと金比羅尾根に合流です。少し下った開けた場所から、登ってきた山稜が一望できる。
歩いてきた山稜
 山を歩いていて、普段はあまり追い抜かされることはないですが、今日は久々に若いお兄さんに追い抜かされました(結局電車は一緒でしたが)。それはさて置いて、この季節はツツジを始めとして、色々な花が目を楽しませてくれます。
足元の花
 金比羅山が近づいて来ると、何やらお囃子が聞こえる。ちょうど神社の祭礼で、獅子舞を奉納しているところでした。地元の人が集まって賑やかです。 
獅子舞
 五日市の街を通り抜け、駅に着いたのは12:20。ちょうど12:32の電車があったので、トイレで顔だけ洗って飛び乗りました。帰り道にフレンドに寄って、Fine Trackの沢用ウェアを取り寄せしてもらおうと思ったのですが、取引をしていないとのことでした(残念)。店長は昨日、阿梨山に言ったそうです。甲府の北にある山らしいです。
 タラの芽は、天婦羅にするほどの量もないので、とりあえず茹でました。
タラの芽
 GWは今のところ、5日の天気が良くなさそうです。2-4日で尾瀬の景鶴山にでも行こうかな。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wanishita.blog122.fc2.com/tb.php/861-faf87f5b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

源流旅人

Author:源流旅人
沢登りで最初の一滴を求めて源流を遡る旅人

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード