源流旅人の山日記

手帳への記録が面倒になり、写真も合わせて記録できるブログ日記に変更

2015年4月18-19日 ネコブ山1日目

 今回の当初予定は五竜のG0稜でしたが、なぜかネコブ山に変更になりました。新潟の三国ダムの奥にある、この時期にしか登れないマイナーな山です。
 朝5時に田中さんをPUして関越を六日町ICまで、途中の7/11でコーヒーを飲んでから三国ダムへ。管理棟まで上がればよかったのに、なぜか下の公園の駐車場にとめてしまう。予定通り8時出発。30分余計に歩いて先ずはダムに上がる。
 雪に埋もれた右岸道を歩いて行くと、やがて導水管が見えてくる。
導水管が見えた
 十字峡の橋を渡り、入口が半分埋もれたトンネルを抜けると登山口(10時到着)。先行パーティが何やら登り口を探している。雪が切れていて素直には取り付けないようだ。彼らは右から一段上がって取り付いたが、我々は強引に階段に降りる。それにしても急な階段だ。
導水管を登り
 階段の途中も雪に覆われているため、巻いたり、カッティングしたり、苦労して登り切ると、すぐに5mほどの岩場。
岩場を登る
 そこから先は藪漕ぎ気味の急登で、嫌になってくる。ようやく雪が出てきて、多少歩きやすくなるが、もうくたびれモード。
疲れてるけど
 当初はネコブ山までの幕営を目論んでいたが、とんでもない。樹林が切れるあたりに格好のテン場を発見して、13:30で行動終了。薪を集め、テントを張り、テーブルを作って宴会開始。
もうここでテント
 今回は旅人持参の十和田バラ肉でスタート。しばらくすると寒くなってきたのでテント内に移動。田中さんのホルモン揚げがおいしい。
十和田バラ肉
 16時過ぎから焚き火に移るが、結局不首尾。小枝は燃えるのだが、太枝に火が移らない。見上げると桑ノ木山(この時点ではネコブ山かと勘違いしていたのだが)。
実は桑ノ木山
 最後にドライカレーで締めて、19時前に就寝。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

お疲れさまでした

こんにちは!
ネコブでお会いした二人組です。
わりと近くでテント張っていたのですね!
我々は、もうバテバテであそこが精いっぱいでした(汗)
2日目も、ノロノロしていたので下山時には雨に降られてしまいました。

いやー、ネコブ結構大変でした。たき火目的で樹林のあるところでテントを張りました。そちらはブロックをしっかり積んでおられましたね。
我々は、かろうじて本降りになる前に戻ってこれて、ラッキーでした。それよりも、送水管の階段を避けて、雪の斜面に降りたところが、ヒヤヒヤものでした。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wanishita.blog122.fc2.com/tb.php/857-d29c3602
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

源流旅人

Author:源流旅人
沢登りで最初の一滴を求めて源流を遡る旅人

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード