源流旅人の山日記

手帳への記録が面倒になり、写真も合わせて記録できるブログ日記に変更

2015年4月12日 蛭ヶ岳南稜

 目が覚めて3:30に起き出し、外を見ると、雨は上がっているが、まだ曇り模様。朝から棒ラーメンを一杯食べて、5時前に出発です。30分ほどで熊木沢出合に着き、脚立ハシゴのかかった橋を渡る。しばらくは左岸沿いを歩くが、途中にツエルトが一張りあった。右岸に渡ったところで休憩。この辺りも三椏が多い。
右岸に渡って
 崩壊した林道を高巻くところで、濡れた岩で滑って膝を打ってしまった。田中さんも手から血を流している。気を取り直して先に進む。最初は二股から沢に入ったが、まだ堰堤があるようなので戻り、林道を終点まで進む。ありました。これがよく見る廃車ですね。
これがアレだ
 廃車のところから沢を横断して、南稜に取り付く。最初は窪状の斜面を登り、やがて左の尾根上に移る。結構急な登りが続く。
1ピッチ目はこんな感じ
 1200m辺りの平坦地で休憩するが、不思議な造形の木がありました。
休憩です
 残りは400mほど。途中の岩場を越えて登ると、頂上直下のバットレス状の斜面下へ。富士山の眺めが素晴らしく、田中さんが写真撮影中。
最後のバットレス
 トゲトゲの低木を避けながら、霜柱でグチュグチュになりそうな頂上に8:15に到着。ユーシンから3時間ちょっとでした。
2回目の蛭ヶ岳
 これで2回目の蛭ヶ岳。眺めは最高で富士山が素敵。パンを食べたりしていると、続々と登山者がやってくる。おそらく深山山荘辺りに泊まった人たちなんでしょう。
 さて、臼ヶ岳まで進みます。コルまでの下りは結構急で、登ってきた南稜と同じくらいキツイ。左手には、荒れた熊木沢が広がる。
熊木沢
 臼ヶ岳の頂上で最後の休憩。登った南稜がよく見えます。
あそこを登りました
 このころからところどころ雲が出てきて、富士山も見えなくなりました。臼ヶ岳の南尾根を休みなしの1.5hで下り、ユーシンに11時頃戻ってくる。寝袋などを回収して、再び長い林道を歩いて下り、ゲートには12:30に戻ってくる。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wanishita.blog122.fc2.com/tb.php/853-c3a65ddb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

源流旅人

Author:源流旅人
沢登りで最初の一滴を求めて源流を遡る旅人

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード