源流旅人の山日記

手帳への記録が面倒になり、写真も合わせて記録できるブログ日記に変更

2015年3月28日 丹沢・三峰山から大山

 元々の計画では鉢盛山にスノーシューを持って行って、テントで一泊の予定でしたが、日曜日の天気が思わしくないようなので中止にし、代わりに丹沢に出かけてきました。土山峠から三峰山を経て大山というコースです。
 下調べをした電車の時刻は日曜日のものだったので、6分前に電車がすぐ到着。あやうく乗り損ねるところでした。下北沢で小田急に乗り換えて本厚木へ。ローソンでコーヒーを買って、北口5番乗り場から6:55発の宮ヶ瀬行きのバスに乗車。土山峠で降りたのは3人。まだ曇っていて薄ら寒い。目の前の桜が満開です。
土山峠
 さて、7:45に出発。まずは辺室山へ。前回取り付き前敗退した鍋嵐が右に見える。その鍋嵐へつながる分岐のところで最初の休憩。
鍋嵐への入口
 下った物見峠でヘルメットをもったグループとすれ違う。煤ケ谷で下車した人たちだ。ここから三峰山までは結構なアップダウン。途中の崩壊地から、丹沢三峰と丹沢山が綺麗に見える。
丹沢三峰
 三峰山の手前あたりは鎖と梯子が連続。北アルプスなどと違って岩場ではなく、崩壊しているために設置されたもの。
三峰頂上手前
 頂上には10:10過ぎに到着。二度目の休憩をしながらGPSのスウィッチを入れる。谷太郎川方向に下る登山道と別れ、そのまま尾根を辿る。エアリアでは迷マークのついた点線ルートだが、比較的踏み跡ははっきりしており、テープも多い。
尾根を直進
 再度登山道と合流したところで、GPSを片付け、ジャケットを脱ぐ。徐々に大山が近づいてくる。気温も上がってきて、春の雰囲気満開。
春の雰囲気
 下社や日向薬師の方向からの道と合流すると、一気に人が増える。足も疲れてきたのでゆっくりと最後の斜面を登って、12:15に大山の頂上に到着。出発から4.5h。頂上は人で溢れかえっている。
大山頂上
 パンを食べながらゆっくりして12:30に出発。まだ時間は早いので、下社には下らず、真っ直ぐ南に進むことにする。富士見台からは富士山が真正面に望めるが、霞んでしまっています。
霞んでます
 蓑毛方向への急な道を下って行くが、途中で足が痙りそうになった。先週もそうだけど、最近どうもよろしくない。やはり歩きが足りないのかな。
 蓑毛への道を分けて南進し、まずは浅間山。その先のNTT中継局の辺りでしばし迷う。何のことはない車道を進めばよかったんだ。そのまま一気に高取山へ。頂上からは伊勢原の街並みが見渡せる。
高取山
 休憩の後、念仏山を越えて善波峠へ。ここは善波トンネルの上になる。いつもR246をいつも通るとき気になっていた山並みを歩いていることになる。
 最後の休憩を終えて、鶴巻温泉へ下っていく。痛くなり始めた膝をかばいながら、雑木林の広い道を進む。途中何カ所か山桜が咲いていた。
山桜
 水仙の花が咲く吾妻山を過ぎると駅は近い。16時過ぎに到着。トイレで顔を洗って、缶ジュースを一気飲み。
鶴巻温泉駅
 16:21新宿行きの急行で帰途に。いやー、久々に8時間を越える歩行で疲れました。こういう場合は、やはりサポータータイツを履くべきですね。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wanishita.blog122.fc2.com/tb.php/850-f0224d08
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

源流旅人

Author:源流旅人
沢登りで最初の一滴を求めて源流を遡る旅人

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード