源流旅人の山日記

手帳への記録が面倒になり、写真も合わせて記録できるブログ日記に変更

2015年1月11日 伊豆の山旅2日目 婆娑羅山、暗沢山、牛原山

 伊豆の山旅2日目は5:30起床でスタート。昨夜のキムチ鍋にうどんを入れて朝食を終え、7時前に移動開始です。婆娑羅トンネル手前のスペースに車を停め、7:20に歩き始めます。
 旧道を進むと、封鎖されたトンネルで行き止まり。少し戻って、左手の踏み跡から峠にあがります。
旧トンネル
 乏しい踏み跡、急な杉林の斜面、倒木と、いくつかの試練を乗り越え、1時間弱で婆娑羅山の頂上に到着。樹林の中で眺望はありません。
婆娑羅山
 下山では、一度西の枝尾根に入ってしまったが、景色に見覚えがないので気がつき、軌道修正。車には9時頃に戻ってくる。
 さあ次は暗沢山。松崎に戻って、岩科へ移動。岩科学校の駐車場に車を停めて9:30に出発。稲刈の終わった田んぼには、稲が干してあるが、こんな形は初めて目にした。
この辺りの稲干し
 途中の山口集落で、早速ナマコ壁の家が現れる。ナマコ壁は松崎の名物。
ナマコ塀だ
 カーブを曲がったところで長者ヶ原への遊歩道に入るが、手入れがされていない道で歩きにくい。小峠到着は10:45。ここからは本当のハイキングコース。
小峠からは由緒正しい道
 10分強で着いた長者ケ原はすすきの広場。富士山も綺麗に見えるようになる。東屋の向こうの電波塔が暗沢山の頂上だ。
長者ケ原
 大峠への下りで、右手に太平洋が開ける。
すすきの向こうに太平洋
 大峠から登り返して、車道を歩き、暗沢山には11:20到着。標高は低いが一等三角点。
暗沢山
 北には駿河湾の向こうに快晴の富士山。
そして富士山
 下山は1時間ほどで駐車場に戻る。重要文化財の岩科学校の前では、新成人たちが記念撮影をしている。
岩科学校
 時間はまだ12:30で、宿に向かうには早すぎる。時間調整で、近くの牛原山に登ることにする。標高は236mなので大したことはないが、道があまりよろしくない。到着した頂上も電波塔があるだけで、山名標も見当たらない。松崎からなら車で来れるようだし、登山の対象ではないのだろう。
牛原山
 さて、時間は14時。少し観光でもしていきましょう。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wanishita.blog122.fc2.com/tb.php/833-1ef9482c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

源流旅人

Author:源流旅人
沢登りで最初の一滴を求めて源流を遡る旅人

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード