源流旅人の山日記

手帳への記録が面倒になり、写真も合わせて記録できるブログ日記に変更

2014年10月11日 八海山

 元々この連休は、土日で大無間山に行く計画でしたが、台風の接近で日曜日の天気が読めないので、急遽変更して八海山に出かけてきました。
 金曜日の夜21時に高橋くんを荻窪駅でPU。何故か少し戻ってガソリンスタンドへ。給油した時に自宅の鍵を落としてしまいました。環八も工事で渋滞し、練馬ICを21:40にスタート。ちょっと飛ばして土樽のPAに着いたのは23:10です。見えないところにテントを張って24:30に就寝。
 土曜日は4:50に起きて5:45頃出発し、最後少し迷いながらも6:20に二合の駐車場に到着。奥は既にいっぱいなので手前のスペースに車を停める。歩き始めたのは6:40で、すぐに渡し駕籠が登場。
渡し駕籠
 しばらくは杉林を歩き、四合で休憩。屏風沢には滝が見えている。
屏風沢
 ここから急登となり、手もフル活用の登り。振り返ると、雲が取れ始めて巻機山が見えている。
巻機山だ
 この松の感じよくないですか。
いい感じ
 次の休憩地点の先も、こんな感じの鎖場です。
こんな登りが続く
 やがて、紅葉の向こうに頂上稜線が見えてくる。
稜線が近付く
 千本檜小屋には10時過ぎに到着。3時間強でこの登りは足に堪える。でも、目の前のそびえる越後駒を愛でつつ、ゼリーを頬張れば気分は最高。ロープウェイ方面からは、続々と人がやってくる。
千本檜小屋と薬師岳
 さあ、足は思いが八峰に進もう。いきなり変な踏み跡に入ってしまったが、元に戻ってどんどん進む。ここは鎖場の連続だ。
PA111033.jpg
 大日岳の向こうには中ノ岳。
大日岳に向かう
 最後の大日岳の登りは、垂直のハシゴと鎖で結構ヤバい。。
大日岳の登り
 迂回路への分岐の先で一息入れる。いいな、越後駒。
越後駒ケ岳
 入道岳に寄ってもよかったが、やや足に来ているので、素直にそのまま新開道を下る。ここも最初のうちはハシゴと鎖の連続。普通の登山道になった辺りで振り返ると、頂上稜線が紅葉の中に聳えている。
新開道から
 途中の稲荷清水で水を補給して下山、車に着いたのは13:10。6時間強の行動時間ですが、急登降なので結構くたびれました。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wanishita.blog122.fc2.com/tb.php/801-efdced0b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

源流旅人

Author:源流旅人
沢登りで最初の一滴を求めて源流を遡る旅人

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード