源流旅人の山日記

手帳への記録が面倒になり、写真も合わせて記録できるブログ日記に変更

2014年9月27日 谷川岳周回

 今年の長期休暇も残りわずか。天気も良さそうなので、谷川岳に出かけてきました。
 金曜日の午後からのんびりと下道を走って、土樽駅の駐車場に19:30に到着。野球中継を聞きながら食事を済ませ、21時前に就寝。ジャイアンツがリーグ制覇したみたいだな。
 当日は4時前に起きて食事の後、登山広場の駐車場に移動し、5時に歩き始める。いきなりの急登を終えると、いい感じのブナ林。矢場ノ頭に向かう途中にはキノコの木。
キノコの木
 北西には、土樽の槍ヶ岳(旅人が勝手に命名)の足拍子岳。
土樽の槍ヶ岳
 矢場ノ頭で、昨日食べ残した弁当を食べて、ジャケットを着込む。なかなか晴れてこないが、風に雲が流れ、時折幻想的な光景が現れ始める。
何だか幻想的
 もう少しで茂倉の頂上だ。途中の避難小屋はこの山域唯一の立派な作り。何とか3時間強で山頂に到着。
茂倉に向かう
 休憩をしていると、武能岳方面から大集団が登って来たので、さっさと一ノ倉に向かう。ようやく雲が時々取れるようになってきた。茂倉岳が一瞬現れた。
一瞬雲が取れる
 それでも、楽しみにしていた一ノ倉沢は全く見えない。どうも湯檜曽の方面から次々と雲が湧いているようだ。
雲湧くトマノ耳
 谷川岳はこれで(おそらく)8回目。前回は雪の東尾根だったが、こうして見ると急傾斜。
トマノ耳から東尾根
 さすがに谷川岳の頂上は人が多い。煩わしいので、写真だけ撮って肩の小屋に下る。小屋も人だらけなので、少し離れた場所で休憩し、そのまま縦走路に入る。歩いていても次々と谷川本流から雲が上がってくるが、オジカ沢ノ頭に着く頃、ようやく晴れ上がってきて、本日初めて万太郎山がはっきりと見える。
やっと万太郎が見えたよ
 こちらは俎グラ山稜。
俎グラ山稜
 風の強い国境稜線を進んでいく。左には赤谷川の上流域が広がり、遡行時にテントを張った草原状台地を発見。
赤谷川上流あそこに泊まった
 大障子避難小屋で風を避けながら休憩。かなり広く、8人ぐらいは泊まれそうだが、入口のガラスが壊れていて、このままじゃ風雨が吹き込む。
大障子避難小屋が見えた
 大障子ノ頭を越え、万太郎山への最後の登り。頂上到着は12:10。約7時間かけてここまで来た。眺めは最高。西には4月に登った仙ノ倉山と、その奥に苗場山が見える。
万太郎から仙ノ倉
 分岐まで戻って、アミノゼリーでエネルギーをチャージし、吾作新道の下りにかかる。
吾作新道に入る
 途中で振り返った万太郎の山頂部分は見事な紅葉。
真っ赤な山頂
 吾作新道は結構急な下り。足元が滑りやすく、気を使う。途中で井戸小屋沢を登ってきたというパーティを追い抜く。大ベタテノ頭から、万太郎本谷とそれを囲む山が一望できる(写真では分からないが、一ノ滝が見えた)。今日はこれをぐるっと歩いた。
万太郎谷_よく歩いたね
 舟窪からの下りは暑く、汗だくになって林道に下り立つ。小沢で顔を洗ってから、林道を進み、高速の下をくぐるとゴールは近い。14:45に駐車場に到着。約10時間の行動は、さすがに疲れたが、快晴の中(途中からですが)を紅葉を眺めながらの縦走に大満足。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wanishita.blog122.fc2.com/tb.php/795-256d7bce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

源流旅人

Author:源流旅人
沢登りで最初の一滴を求めて源流を遡る旅人

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード