源流旅人の山日記

手帳への記録が面倒になり、写真も合わせて記録できるブログ日記に変更

2014年9月14日 立山2日目(立山縦走)

 立山の2日目、今日は一気に立山のメイン山稜を縦走です。
 朝4時に起きると雨は上がっていた。新たに導入したシュラフのおかげで夜は暖かだったが、どうも気温は0°ぐらいまで下がっている。メッシュのOBIテントでは寒いので、ダウンジャケットを持ってきてよかった。テントを片付けて5:30に出発。霜が降りて滑る木道を、気をつけて歩く。後立山に徐々に日が昇ってくる。
日が昇り始める
 南東を見ると、裏銀座の山の上にひょこりと槍ヶ岳が顔をのぞかせている。
おや、あれは槍
 佐々成政の針ノ木越えで知られるザラ峠から、獅子岳まで約400mの登り。朝一でこれはきつい。
獅子岳への登り
 黙々と登っていくと、次第に視界が開け始め、南には薬師岳から黒部五郎、笠ヶ岳、槍ヶ岳がきれいに見えている。
薬師から黒部五郎、笠
 獅子岳に登ると、龍王岳と雄山がどんと登場。室堂から見るのとはまるで異なる印象だ。
龍王岳と雄山
 まずは鬼岳と龍王岳を越えなければならない。どちらも登山道は頂上には登らないけど。
鬼岳と龍王岳
 鬼岳は東面を巻いていく。途中には少し雪が残っている。
雪の残る鬼岳東面
 次の龍王岳は西側を巻いていく。何人か頂上に登っている人がいたが、先も長いのでそのまま通過。
龍王岳と雄山 (2)
 ここで初めて剱岳が姿を現すが、頂上は雲に隠れている。雄山から別山まではまだまだ距離があるな。
立山から別山
 下りの途中、ふと東を見ると龍王岳の東尾根を登っているパーティがいる。ガイド山行かな。一方、西側には室堂と奥大日岳が見える。
室堂と奥大日岳
 一ノ越には9:45着。まずは順調なペース。山荘で300円のCCレモンを買って休憩。それにしてもすごい数の登山者、さすがに好天の連休だ。全然前に進まないので、適当に踏み跡を拾って行列を追い抜いていく。ここの登りで一気に疲れてしまった。
すごい人の数
 頂上もメチャ混みなので、雄山の山頂への拝観は見送って、先に進む。
雄山頂上
 大汝山の頂も順番待ちなので、さっさと休憩所の先まで進んで食事休憩。重い思いをして持ってきたゼリーで喉を潤す。続いて立山三山の最後のピーク、富士ノ折立へ。この辺りから、20人ほどのグループや、小学生集団と前後して歩くことになり、ストレスが溜まる。
富士ノ折立頂上
 富士ノ折立への下りからは、内蔵助山荘と内蔵助カールが見えてくる。
内蔵助カール
 見下ろす雷鳥沢のキャンプ場はテントだらけで、遅く着いて張れる場所があるか不安。よほど真砂岳から内蔵助平に下って、いつもの秘密の場所で泊まろうかと、何度も考えてしまう。
テント場は空いているかな
 でも、これで縦走を止めて、奥大日岳も登り残すと、きっと後悔するに違いないので、前進に決定。別山を目指す。しばらく頂上にいたが、相変わらず剱岳の頂上は雲の中。明日に期待だ。
頂上は雲で見えない
 別山乗越で最後の休憩をし、雷鳥坂を下り、キャンプ場には15時に到着。早速場所を探すと、比較的いいところが空いていた。先ほど撮った写真から判断すると、どうやらこの2時間ほどの間に撤収した人がいたようだ。テントを設営してから管理棟で受付(500円)。
今夜の幕営地
 管理棟では物品の販売をしていないので、雷鳥沢ヒュッテまで買い出し。ここは600円で入浴できるが、どうせ明日も汗だくになるので、ビールだけ買って戻る。500mlのビールが500円と安かった(普通の山小屋は350mlで600円)ので、ついつい2本も買ってしまい、これだけでお腹が一杯。夕飯のハンバーグとカレーを食べ終わった時には、ちょっと気持ち悪かった。満腹に耐え切れず、18時には撃沈。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wanishita.blog122.fc2.com/tb.php/786-7638b1ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

源流旅人

Author:源流旅人
沢登りで最初の一滴を求めて源流を遡る旅人

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード