源流旅人の山日記

手帳への記録が面倒になり、写真も合わせて記録できるブログ日記に変更

2014年7月21日 北秋川・水ノ戸沢

 この三連休は天候に恵まれず、日曜の夕方は激しい雷雨でした。今日はなんとか良さそうなので、北秋川の水ノ戸沢に出かけてきました。
 5時に自宅を出て、順調に神戸に到着。さすがにキャンプの小学生が一杯。神戸岩方向に進んで車を停める。6:45に種発、まずはウッディハウスまで戻って、水ノ戸沢の林道を歩く。終点で沢装備に整えて、7:10に入渓。最初の小滝から釜が深いので、さっさと右巻き。次も左から巻き気味に上がると、右壁に虎ロープのたれた滝が登場。ロープに頼らずとも登れるが、あるものは利用させていただく。
F1かな
 次の二段滝も釜が深すぎ。同じく虎ロープを伝って右から巻く。
釜が深すぎ
 しばらくは気持ちよく小滝を登っていくが、いよいよボサ帯に突入。適当に作業道も交えて進む。
ボサ
 たまには足も入れて上から撮影してみる。
足を入れてみた
 二俣の手前もボサが続き、水流の激しい滝がその奥に繋がっている。あっさりと右から巻きました。
二俣手前
 二俣を最初は右に入ったが、大岩の下の滝が登れないので、一旦左俣に入って滝を登り、再度右に復帰。
左俣から登る
 この先からワサビ田跡がいくつか出てくる。試しに一本抜いたら、かわいいワサビ。
わさび
 途中で一旦水が枯れ(ここで水のある左に行けばよかったのかな)、再度現れた水流が途絶えるところで靴を履き替える。ここからが実は長かった。虫にたかられ喘ぎつつも、何とか登山道に到達。時間は10:40、意外と時間がかかった。
 さあ、御前山に登ってこようと右に進むと、何やら道標が。Oh NO!御前山から遠ざかっているではないか。湯久保尾根じゃなかったのか。
おーNO
 引き返すのも気が乗らないので、お握りを1つ食べて、そのままクロノ尾山へ進み、中尾根を下る。途中の杉林の急な箇所がやや分かりづらいが、1時間ほどでウッディハウスの裏に下りてくる。
 12:10に現地発、予想通り2時間で帰宅しました。水ノ戸沢、ボサさえなければいい沢なのにな。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wanishita.blog122.fc2.com/tb.php/771-fb3b2a6c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

源流旅人

Author:源流旅人
沢登りで最初の一滴を求めて源流を遡る旅人

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード