源流旅人の山日記

手帳への記録が面倒になり、写真も合わせて記録できるブログ日記に変更

2008年5月3-5日槍ヶ岳北鎌尾根

 今年のGW、源流旅人は梓川の源流に行ってきました。と言っても沢登りではありませんが。
 5月2日夜、4連休の渋滞を避けて早めに出発。沢渡大橋に10:40頃到着し、駐車場でテントを張って寝る。3時ごろ盗難防止ブザーが鳴り響いていたようだが睡眠時間が惜しいので、4時半まで寝る。3日は5時半のバスで上高地に入り、さっさと歩き始める。河童橋から徳沢に向かう途中で見る明神は去年に比べて雪が少ない。横尾で久々の屏風岩を見上げ、槍見河原に気づかぬうちに槍沢ロッジに到着。やがて槍ヶ岳が姿を現す。
槍沢ロッジを過ぎて槍が姿を現す

 ババ平を過ぎ大曲手前で水俣乗越に向かう。分岐では自信が無かったのだが、ガイド・パーティがいて、この間つけたトレースだと言って登っていったので後を追う。田中さんともども既にバテバテで何とか乗越に到着。槍ヶ岳が近づくと同時に今回初めて北鎌尾根が見える。
水俣乗越でようやく北鎌尾根が全貌を現す

 そのまま天上沢側にデブリの谷筋を下ると、6年前に杉山さんと行った槍ヶ岳の姿が見えた。3:30に北鎌沢出合いに到着。天場からも槍の穂先がちらりと見える素晴らしい場所。
天上沢にて

 4日は朝2時に起床し、4時前にヘッドランプをつけて出発。きっとガイドパーティの方が先行すると思っていたのに一番になってしまった。とは言え、北鎌沢の途中であっさり追い抜かれる。北鎌のコルには6時到着。天狗の腰掛に向かうが、途中で田中さんがステップが崩れて数メートル転落し、一瞬ヒヤッとする。
天狗の腰掛に向かう田中さん

 早くもバテ気味になりつつ比較的順調に独標取り付きに到着。ザイルを出して、急な雪の凹角から岩稜そして雪稜を登り独標ピークに。
独標2P目 旅人リード

独標2P目の雪稜

 独標で槍ヶ岳が再び姿を現す。トレースに助けられて、ルートファインディグに困ることも無く北鎌平へ。
北鎌平手前2

 時刻はまだ12:30。北鎌平には見事なテント・サイトがあったので一瞬泊まろうかと思ったが、さすがにまだ早いのこのまま登頂することに。穂先の手前からはロープを出して、雪で8割埋もれたチムニーを登り、頂上祠脇に到着(14時)。槍の穂先は人で一杯。
頂上に出てくるところ

祠の前でロープ収納

 写真を撮ってすぐに下るが、人だらけで時間を食ってしまう。よくこんな素人みたいな人がGWの槍ヶ岳に来ているものだと半分あきれてしまう。肩の小屋の手前から登山道を外れて尻セードで一気に殺生ヒュッテ脇にたどり着く。大学生の頃に登って以来なので、今回はナンと26年ぶりの槍ヶ岳。
殺生ヒュッテ辺りから槍ヶ岳

 その後、頑張ってババ平で4:30にテント設営。こどもの日は3時起きの4:30出発で9時には上高地に到着。河童橋脇の土産物屋で大信州純米吟醸を購入(去年小梨平で飲んだのと同じもののはず。10:20には沢渡の駐車場を出発し、11時過ぎに高速に。諏訪南と小淵沢の間で事故渋滞1kmの表示を見て、事故処理を期待して手前の諏訪SAで昼飯を食べていたら渋滞は悪化の6kmに。おまけに雨まで降り出した。さらにまだ2時だと言うのに小仏から17kmの渋滞で、荻窪到着は4時前になってしまった。
 それにしても北鎌そのものは天気に恵まれ、最高のクライミングでした。
 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wanishita.blog122.fc2.com/tb.php/77-411cc2ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

源流旅人

Author:源流旅人
沢登りで最初の一滴を求めて源流を遡る旅人

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード