源流旅人の山日記

手帳への記録が面倒になり、写真も合わせて記録できるブログ日記に変更

2014年7月6日 丹沢 寄 虫沢川ダルマ沢

 昨日ジムに行って体重計に乗ったら2kgほど体重が増えていました。ここのところ色々あって、山に行けていなかったせいでしょうが、何となく体が重いです。台風にぶつからなければ、来週は田中さんと赤抜沢に行く予定なのに、これではマズイ。雨の降らない日に滝と歩きをやっておかないと。という訳で、今日は寄地域のマイナーな沢に行ってきました。
 5時前に自宅を出て、R246で寄まで行き、虫沢林道に入り、ゲート手前の虫沢橋のところに6:50に到着。7時には出発です。
駐車場所から
 巡視路に入って堰堤をいくつか巻き、タカノス沢との二俣へ。ダルマ沢に入って最初の滝は、釜に入るのを嫌って右からへつって取り付くが、水を浴びそうなので撤退。結局左から登る。
F1.jpg
 すぐに現れる直瀑のF2は、左の支流の滝を登り、コードのあるところを登るらしいのだが、いまいち悪そうなので支流の滝を2つほど超えて巻こうと試みるが無理。結局戻ってコードのあるところを何とか登って通過。
F2_20140706150926160.jpg
 しばらく暗いゴルジュ内の滝を越えていく。
ゴルジュ
 すると、再び登れない滝が登場。落ち口には流木が詰まっている。少し戻って左岸のスラブっぽいルンゼから高巻き。
これも無理でしょ
 二段5mも一緒に高巻いてしまい、下りてきた次の滝は行けるかどうか微妙。結局、右から高巻いた。
二段斜め6m
 その後、堰堤が2つ出てきて、両方とも左から巻く。590mの二俣で休憩。赤テープの巻かれた木には、きくらげのようなものが生えている。
590m二俣
 休憩後、左俣に入る。登れる小滝が続くが、これはやや脆くて少し緊張。
脆い
 やがて水が消えてきたので、靴を履き替え、杉林をあえぎながら登って登山道へ。2時間ほどの沢登りでした。そのままダルマ沢ノ頭へ進む。
ダルマ沢ノ頭
 10時にはシダンゴ山に到着するが、途中の階段は結構きつかった。のんびりとサンドウィッチを食べていたら、鈴の音が聞こえ、2組も登ってきた。
シダンゴ山
 林道まで戻って、そのまま下山。1時間少しで車に戻ってきました。都合4時間ちょっとと、トレーニングにはやや不足ですが、おかげで混む前に帰って来れました。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wanishita.blog122.fc2.com/tb.php/766-1e1c1831
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

源流旅人

Author:源流旅人
沢登りで最初の一滴を求めて源流を遡る旅人

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード