源流旅人の山日記

手帳への記録が面倒になり、写真も合わせて記録できるブログ日記に変更

2014年3月21-22日 男鹿山地・大佐飛山

 連休前半の2日間で、那須の西にある男鹿山地の最高峰・大佐飛山に登ってきました。夏道がないので、雪のあるこの時期にしか登れない山です。
 朝6:15に高橋くんをPUして荻窪を出発。さすがに連休初日、さっそく環八から渋滞している。東北道も宇都宮辺りまでは車が多く、黒磯ICを降りて百村に着いたのは10時頃。巻川林道に入って橋を渡った先から雪が出てくる。途中でUターンを試みるがスタックしてしまい、タオルケットを敷いて何とか脱出。行けるところまで進んで路肩に駐車し、準備を整えたのは10:50。結局、素直に光徳寺から登っていても大差がなかった。
 20分ほど林道を歩いてはしごのある新登山口に。杉林の急登をこなして尾根に上がる。雪は締まっているので、ここでアイゼンをつけて歩く。
大佐飛山03
 登るにつれて雪雲の中に入り、強風が吹いてくる。サル山の手前で休憩していると2人パーティが下ってくる。強風のためサル山までで引き返してきたそうだ。山藤山への途中でワカンをつけた単独の人とすれ違う。強風で顔が凍傷になりそうなので、目出帽に切り替える。時折陽が差すと、こんな感じの気持ちの良い白樺林。
大佐飛山09
 黒滝山への急斜面を登った頂上手前のコブのところで時間は15時過ぎ。テント跡があったので、ここで幕営することに決定。酒を飲みながら食事を済ませ、いつも通り18時には就寝。真夜中頃まで強風が吹いていた。
大佐飛山11
 2日目は4時に起きて、明るくなる5:30に出発。まずは黒滝山へ。
大佐飛山12
 黒滝山を越えた先は窪状の地形で、展望はないが幕営にはよさそうな感じ。西村山を越え、大長山へ向かう途中の光景。
大佐飛山18
 大長山を過ぎると、真っ白な雪稜が次々と現れる。
大佐飛山21
 次第に雲が取れて、ようやく大佐飛山がその姿を現す。
大佐飛山27
 時折ラッセルを交えながら最後の登りをこなして、8:10に頂上到着。約2.5hで来れたので上出来。
大佐飛山31
 テントに戻る途中で2パーティとすれ違う。復路は2時間。即、テントを撤収するが、片付けている間にテントの収納袋を紛失。どうやら油断しているうちに風で持って行かれたようだ。11時に下山開始、途中でスノーシューを持ったカップルとすれ違う。13時過ぎに車まで戻ってこれたが、まだ最後の難関凍結林道が残っている。
 なんとか無事に集落まで戻り、途中の7/11でコーヒーを飲んで帰路につく。時間も早かったので渋滞もなく16時には荻窪に戻ってこれました。もう少しお気楽な春山かと思っていましたが、北海道沖に抜ける低気圧の影響で、厳冬期並みのブリザードを体験できました。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wanishita.blog122.fc2.com/tb.php/739-5f1fdef5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

源流旅人

Author:源流旅人
沢登りで最初の一滴を求めて源流を遡る旅人

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード