源流旅人の山日記

手帳への記録が面倒になり、写真も合わせて記録できるブログ日記に変更

2013年12月31日 秋山周回:倉岳山~雛鶴峠~二十六夜山

 腰の痛みが取れてきたのでリハビリに、秋山二十六夜山を軸に周回で歩いてきました。さすがに一人も登山者はいませんでした。
 5時前に自宅を出て、藤野から秋山を目指し、浜沢のスポーツ施設のところに車を駐める。雪なんですけど。
浜沢を出発
 7時に出発して、先ずは立野峠から倉岳山へ。いきなり富士山が登場。北側も木が開けていて、奥多摩から大菩薩の山もよく見える。
倉岳山からの富士
 次は穴路峠を経て高畑山へ移動。次第に雪が出てくるが、順調に9時過ぎに頂上に到着。こちらでも御正体山の向こうに富士山。どら焼きを少しかじって次に進む。
高畑山からの富士
 急なアップダウンをこなして雛鶴峠に。休む場所もないのでそのまま進む。
IMGP6446.jpg
 西側の視界が開け、三つ峠が見えてきた。
三つ峠が
 足元にはリニアモーターカーの実験線も見える。
リニア実験線
 次第に雪が増えてきて、これなんて雪稜みたいな感じ。
何だか雪稜
 鹿のトレースを追いかけながら、くるぶしまでのラッセルを続け、何とか棚の入山に11:30頃に到着。休みなしで2時間強はきついな。北面が真っ白な赤鞍ヶ岳(朝日山)を眺めつつ休憩。
棚の入山
 さらに二十六夜山に向かうが、北面の下りなので雪がたっぷり。ストックを持ってきて良かった。軽アイゼンも持っていたが、結局使わずじまい。
二十六夜山に向かう
 途中の北面が崩壊で開けた場所から、歩いてきた倉岳山と高畑山がスッキリと見える。
倉岳山と高畑山
 二十六夜山への登りでは複数の足跡が出てきたので、頂上に人がいるかと思いきや無人。お湯を沸かしてカップ麺を食べ、13時に下山開始。
秋山二十六夜山
 ここも雪のついた急な斜面なので慎重に下るが、それでも13:45には駐車場所に戻ってこれた。前から考えていたコースだったので実行しましたが、リハビリにしては厳しめだったかな。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wanishita.blog122.fc2.com/tb.php/717-43ed2fc6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

源流旅人

Author:源流旅人
沢登りで最初の一滴を求めて源流を遡る旅人

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード