源流旅人の山日記

手帳への記録が面倒になり、写真も合わせて記録できるブログ日記に変更

2013年11月24日 秋山の阿夫利山から三本杉山

 丹沢の蛭ヶ岳にするか迷った末、結局秋山村の阿夫利山から三本杉山、甚之函山に出かけてきました。黄葉が見事でした。
 5:38の電車で藤野まで行き、バスで終点の奥牧野に7時過ぎに到着。車道を歩いて秋山村へ。左に見えるのが阿夫利山へ続く尾根。看板の上の突起が後半の甚之函山。
秋山温泉から
 富岡の集落を抜けて尾根に取り付く。一登りで祠のあるピークに至り、やがて沢コースと合流すると井戸沢ノ頭に着く。休憩した後、黄葉の道を進む。
黄葉の中を進む
 9時前に阿夫利山に到着し、そのまま進んで西側のピークの所から北に延びる尾根に入る。最初は結構急。
阿夫利山
 途中一ヶ所尾根が分岐しているが、ここは左の杉林に進み、最後はバンガローのところに出てくる。小和田の集落に向かう途中には、何やら怪しげな建物がある。
何だこれは
 鷲尾沢橋のところから尾根に取り付く前にお握りを一つ食べる。送電塔を過ぎて尾根を直進するが、やや道が不明瞭。開けたところから阿夫利山を振り返る。
阿夫利山が見える
 三本杉山、甚之函山と進んでいくが、やたらと熊の糞が転がっている。いやだな。大丸まで進んで二度目のお握りをいただくが、時間はちょうど12時。NHKののど自慢を聴きながら下っていくと、途中一ヶ所だけ富士山を望むことができた。
本日唯一の富士山
 黄葉真っ盛りの中をずんずん下っていく。
黄葉真っ盛り
 四方津の駅には13:15に到着。やはりあのエスカレーターは気になるな。
四方津の駅
 13:28の電車に乗って、特快に接続したので14時半頃には荻窪に戻ってこれました。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wanishita.blog122.fc2.com/tb.php/706-1b72e29a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

源流旅人

Author:源流旅人
沢登りで最初の一滴を求めて源流を遡る旅人

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード