源流旅人の山日記

手帳への記録が面倒になり、写真も合わせて記録できるブログ日記に変更

2013年11月3日 八丁山から鷹ノ巣山

 フォレスターが修理中のため遠出ができず、代わりに紅葉の始まった奥多摩を歩いてきました。日原から巳ノ戸尾根を登って八丁山へ、さらに鷹ノ巣尾根から鷹ノ巣山へと進んで、石尾根を下山というコースです。
 荻窪5:30の電車で奥多摩駅へ。日原方面に行く登山者は一杯で、7:25のバスは臨時も出ている。8時前に日原の集落を歩き始める。稲村岩の上も大分紅葉が進んでいる。
日原
 一旦巳ノ戸橋まで下って登り返し、途中の道標のところから植林の作業道に入る。一登りするとちょっとした広場に。登ってきた道は右に続いているが、広場の奥の踏み跡を辿ることにする。
奥へ
 杉林を抜けて開けた場所に出るが、ここで一旦踏み跡を見失う。適当に薮を漕いで尾根に上がり、鹿柵に沿って登っていく。この辺りから気持ちの良いブナ林になってくる。
巳ノ戸尾根を
 八丁山の手前にはちょっとした岩場も現れて楽しい。
岩場
 展望が開けたので、岩場の途中で鷹ノ巣山方向を撮影。あの尾根を辿るんだな。
あそこまで
 2時間弱で八丁山に到着。手製の山名標があるだけで、展望はない。
八丁山
 ここから一旦広いタワに下るが、犬の吠える声と走り回る音が聞こえてくる。猟犬かな、猪だと嫌なので笛を吹いておく。
 途中のお伊勢山を越えると、巳ノ戸林道のあったタワに。さらにそこから一登りするとヒルメシクイノタワに飛び出した。さすがに登山道に出ると、人が増えてくる。鷹ノ巣山の頂上には11:15に到着。大勢の人がお昼を食べている。曇りがちだったのでどうかなと思っていたが、富士山もよく見えている。まだ雪はそれほどないようだ。
富士山
 おにぎりとオレンジを食べて、11:30に石尾根に進む。その向こうは御前山と大岳山だ。
石尾根を下る
 1時間で六ッ石山について休憩(面倒なので頂上はパス)。そこからすっ飛ばし、1時間10分で奥多摩駅に戻ってきたが、結構太ももにきている。トイレで顔だけ洗って、14:09の電車で帰途に就きました。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wanishita.blog122.fc2.com/tb.php/699-00f673ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

源流旅人

Author:源流旅人
沢登りで最初の一滴を求めて源流を遡る旅人

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード