源流旅人の山日記

手帳への記録が面倒になり、写真も合わせて記録できるブログ日記に変更

2013年9月28日 裏越後三山2日目

 本日は4:15に起き、ヘッドランプなしでも歩ける5:25に出発。荒沢岳がシルエットになって浮かんでいる。
日の出前の荒沢岳
 次第に朝日の当たり始める越後駒に向かう。ここも刈払いがされていないので、足元を熊笹が覆っていて、踏み場が見えない上に、露でズボンがびしょびしょになってしまう。
越後駒に向かう
 振り返ると中ノ岳も朝日に輝いている。
振り返った中ノ岳
 西には八海山。山腹には中ノ岳と越後駒の影が写っている。
八海山に駒の影
 中間地点の檜廊下は痩せた稜線で、木登りも混じったルート。疲れるな。
檜ノ廊下
 それを超えると、急登が待っている。これは黙々と登るしかない。
急登だ
 急登を終えるとようやく駒の頂上が見えてくる。あと少しだ。
駒まであと一息
 グシガハナへの分岐を過ぎてしばしで越後駒の頂上。さすがにこちらは登山者がそこそこにいる。全員枝折峠からの模様。時間は8:45、しばし眺めを楽しむ。これは荒沢から燧方面。
駒頂上1
 そして中ノ岳。
駒頂上2
 こちらは八海山。八海山はいいな、次に行こう。また、守門や浅草岳の新潟の山も良さそうだ。
駒から八海山
 さて、先もあるので9時に頂上を出発。駒ノ小屋への下りの途中で振り返ると、ちょうど頂上の上に飛行機雲がかかっている。
振り返ると飛行機雲
 かなりのハイペースで下り、小倉山には1時間で到着。
小倉山にて
 さらに明神峠まで1時間強で下る。この下りでは、手前に駒ケ岳、向こうに中ノ岳の構図が楽しめる。
両雄その2
 11:30過ぎに銀の道に入り、美しいブナの林を抜けて進む。林道まで下り、最後はR352を石抱橋から駐車場に戻る。時間は12:45、最後はかなり飛ばしたが、本日も7時間強の行動時間となりました。
銀の道
 中ノ岳と越後駒は日本アルプスにも引けをとらないボリュームの山並みで、長時間行動で大変でしたが、天気にも恵まれ、大満足の山行となりました。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wanishita.blog122.fc2.com/tb.php/687-e8ae512d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

源流旅人

Author:源流旅人
沢登りで最初の一滴を求めて源流を遡る旅人

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード