源流旅人の山日記

手帳への記録が面倒になり、写真も合わせて記録できるブログ日記に変更

2013年9月17日 奥又白池まで

 台風は東海・関東を直撃して結構被害も大きかったようで、薬師岳は中止にして正解でした。急遽バックアップ計画として、奥又白池から前穂・奥穂に登る案を実行しました。心が挫けてジャンダルムは諦めましたが、台風一過の快晴に恵まれ、最高の山でした。
 本日は奥又白の池までの6時間行程。朝4時に自宅を出て、7:30には沢渡大橋に到着。乗合のタクシーで上高地に入る。8時過ぎに出発。とりあえずお約束の河童橋からの写真。雲一つとしてない青空。
初日の河童橋
 徳沢の手前辺りから前穂が見え始めるが、A沢はどれだかよく分からない。万が一に備えてアイゼンを持ってきたが、果たして残雪はあるのかな。
徳沢の手前から
 10時前に徳沢を出て、新村橋を渡る。
新村橋
 しばらく梓川右岸の道を歩いて奥又白谷のガレに出くわす。どうも登山口を通り過ぎたようだ。仕方がないのでガレを登り、人の声のする方向に進んで登山道に合流。やがて松高ルンゼが見えてきた。パノラマコースと分かれて、奥又白池へはルンゼ右手の中畠新道を辿ることになる。
松高ルンゼ
 11:30に尾根に取り付くが、かなりの急登できつい。木が生えているからいいようなものの、よく見ると両側は結構切れ落ちていてちょっと危険。高度を上げるにつれて徐々に視界が開けてくる。これは常念岳。
中畠新道から常念
 池に近づいたところで、往復してきたという単独の人とすれ違い、Ⅴ・Ⅵのコルを超えるというパーティと出会う。最後はヘロヘロになりながらも、池には14:00に到着。
池に到着
 この光景を眺めることを楽しみにしていた。
IMGP5921.jpg
 とりあえず南側の平地にテントを設営。本日は貸切でした。
貸し切り
 心配していた水も充分流れていて一安心。水を汲みながら、ついでに缶ビールも冷やしておく。
水があってよかった
 さて、時間はたっぷりあり、岩に腰掛けてまったりし、ビールを飲んだり、本を読んだり。時折、写真撮影。こちらは池の水面に映った前穂北尾根。
池に映った北尾根
 本日の夕飯はアルファ米にバター・チキンカレーだが、何故か食べ残してしまった。18:30就寝。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wanishita.blog122.fc2.com/tb.php/678-e2bebd1a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

源流旅人

Author:源流旅人
沢登りで最初の一滴を求めて源流を遡る旅人

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード