源流旅人の山日記

手帳への記録が面倒になり、写真も合わせて記録できるブログ日記に変更

2013年8月31日 東黒沢から広河原まで

 T橋くん、N夫さんと、土日で谷川山域の東黒沢からウツボギ沢に行ってきました。評判通りナメが続く綺麗な沢でした。
 台風の影響がどのくらいあるのか定かでなかったのですが、直前の天気予報だとなんとか持ちそうだったので、とりあえず現地に向かう。待ち合わせの水上IC先の7/11には8:30に到着し、買い物をしてすぐに土合橋の駐車場に移動。9:20に出発。
 堰堤先から入渓し、登っていくと、キャニオニングの人達に追いついた。楽しそうです。
キャニオニングの人たち
 そこからしばらくで、ハナゲの滝が登場。左隅を登り、最後は巻道に入る。
ハナゲの滝
 これは白毛門沢手前の大きな岩のあるところで、岩の下を回り込む。
1012白毛門沢手前
 白毛門沢を10:15に通過し、ナメを登っていくと、ちょっとしたゴルジュが登場。旅人は右をへつって通過。枝沢の合流する辺りで二人が巻いてくるのを待っていると、上から5人パーティが下ってきた。
ゴルジュ1030に通過
 10:47に7m滝に到着。旅人は左から、二人は右から登って通過。N夫さんにロープが必要かと思ったが、安定して登ってきてくれた。
7m滝
 足元には典型的な岩穴。全般に釜が深いのも納得。
岩穴
 段々の滝が続き、陽も差して、快適に登行を続ける。
8月31日1120
 これでもかとナメが続く。
ナメが続く
 二俣と思しき所に至るが、確信が持てず、一旦本流らしき左に入るが、どうも北西に向かっているようなので、戻って右に。しかしこちらも南東向きに曲がっているので、再度本流に戻る。しばらく遡上するが、高度を上げても二俣が現れないので、もう一度戻って右股へ。ここで1時間ほどタイムロス。
 今の上り下りで、結構疲れました。途中の岩の乗っかった滝を直登。
大岩の滝
 次第に水流は細くなるが、1350mの鞍部近くまで続いている。鞍部の辺りで少しヤブを漕いだが、赤テープを発見して、下降の沢に入る。結構歩いて15時過ぎにようやくウツボギ沢に到達。
ウツボギ沢に到達
 薪を拾いながら広河原まで下り、テントを設営。ビールを冷やして、焚き火にかかるが、木の芯が湿っているようでうまく火が点かない。せっかく持ってきた焚き火用の網もこれでは使えない。しかたなく、コンロでししゃもを焼く。続いてエノキとステーキ肉も同様に網焼きにして食べたが、今回のヒット食品かもしれない。
ししゃもを焼く
 雨が降り始めたので18:30頃にテントに潜り込み、宴会も終了。20時頃から結構激しく雨がテントを叩いており、増水が心配されたが、そのうちに上がったみたいだった。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wanishita.blog122.fc2.com/tb.php/673-a78a9f5f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

源流旅人

Author:源流旅人
沢登りで最初の一滴を求めて源流を遡る旅人

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード