源流旅人の山日記

手帳への記録が面倒になり、写真も合わせて記録できるブログ日記に変更

2013年8月18日 後山川塩沢甚助窪

 今日は遠出をすると渋滞にハマるのが間違いないので、奥多摩後山川の塩沢甚助窪に出かけてきました。暑くてきつかったですが、想定以上に面白かったです。
 6:10に片倉谷のゲートから歩き始め、塩沢沿いの廃林道に入る。ヨモギ尾根の登り口を通り過ぎて、林道終点で沢装備をつける。沢の中はまだ薄暗くて写真がボケている。
最初のほうの滝
 滝はそれほど大きくないが、やたらと釜が深い。これも直接取り付けないので、左岸を高巻き、最後は15mの懸垂で戻る。
登れない
 その次にも取り付けない滝があり、右から小さく巻くが、最後のところには虎ロープがあった。諸左衛門谷の出合で最初の休憩。ようやく沢にも陽が差し始めた。
ようやく陽が差してきた
 歩いていると足元には昔の名残。
昔の名残
 奥甚助窪手前の6m二条滝は、右の水流の左側を登る。
右の水流沿い
 時間は9:15、お腹が空いてきたのでランチタイム。昨日買ったSOTOのコンロでカップ焼きそばを作る。
お昼にする
 まだまだ滝は続く。この6mの連続、下は登れたが、上は右から高巻く。
6m二段
 10mのナメ滝を登ると、中甚助久保の出合。その後、奥の二俣を水のある左に入るが、そろそろバテてきた。これは四段17mらしいが、最初の7mが岩が脆いので、登りかけたが降りて結局右から高巻く。
最後のほう
 水が消えても涸滝が続くが、次第にボサがうるさくなってきたので、左の杉林に逃げ込み、11:30に縦走路に飛び出す。ブナ坂の辺りだった。虫にまとわりつかれながら、靴を履き替える。
ブナ坂の辺りに出た
 七ツ石山には登らず、鴨沢への巻道に入り、森林作業用の森レールに向かう。これが終点の看板。
森レール終点
 レールに沿って下るが、ところどころ傾斜が急で気を遣う。残り1/3ほどのところで、崩壊地修復現場の辺りから作業道が出てきたので、そちらを下る。降りてきたのは想定よりもかなり右寄りの場所だった。
 林道を歩いて駐車地には14時前に戻ってきた。8時間弱の行動時間だが、暑くて疲れました。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wanishita.blog122.fc2.com/tb.php/670-e71177ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

源流旅人

Author:源流旅人
沢登りで最初の一滴を求めて源流を遡る旅人

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード