源流旅人の山日記

手帳への記録が面倒になり、写真も合わせて記録できるブログ日記に変更

2013年8月11日 裏丹沢神ノ川金山谷

 暑い日は沢に限る。裏丹沢の神ノ川金山谷出かけてきました。
 4時に自宅を出て、神ノ川ヒュッテのゲートに5:40到着。準備をして林道を歩く。土砂崩れは除去されており、順調に小1時間で広河原に到着。
広河原
 左岸を辿り、途中から右に移動して河原へ。そのまま魚留ノ滝手前まで進み、装備をつける。魚留ノ滝は釜が浅くなったのか、膝までの深さで水流左に取り付ける。ホールド豊富。
魚留ノ滝
 その上は斜瀑になっている。
魚留ノ滝上
 仏谷の出合を過ぎて登っていくと、核心の連瀑帯が登場。その奥には岩壁が見えている。下の滝は右手から登るが、シグマ・シューズなのでちょっと緊張。
連瀑2
 連瀑奥の滝も右手から登る。
連瀑の上の滝
 岩壁の下を沢が右に曲がると、大滝の登場。これは登れないので、右手のリッジ風のところから高巻き。
大滝
 高巻きを終えたところで休憩するが、まだ8時。アブがうるさい。やがて大岩のところで二俣になり、右に入る。樋の中を水が流れている。
右に入る
 日が差してきて上流部は明るいいい感じ。
上流部
 水が消える手前で二度目の休憩。水を補給。最後は金山谷乗越の崩壊斜面に消えているので、右手の木のあるところに登り、最後は源三尾根に上がる。
つめは右に
 時間は9時過ぎなので、蛭ヶ岳に行っていけない時間ではないが、暑いのでそのまま下山。
蛭ヶ岳が見える
 サッサカ歩いて、車には10:50に戻ってきました。5時間の軽い沢でした。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wanishita.blog122.fc2.com/tb.php/668-e33b573f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

源流旅人

Author:源流旅人
沢登りで最初の一滴を求めて源流を遡る旅人

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード