源流旅人の山日記

手帳への記録が面倒になり、写真も合わせて記録できるブログ日記に変更

2013年7月7日 白砂山

 朝は3:30に起きだして、食事をトイレのある建物のテーブルで済ませる。準備を整えて4:45に出発。一旦登った後、沢を越え、再び登りになるが、白樺とシラビソの美しい森だ。
白樺林
 和山に下る道を分ける地蔵峠。どこかにお地蔵さんがあるはずなのだが見当たらない。
地蔵峠
 緩やかな道を登っていくと、途中一ヶ所雪が残っていた。一瞬見える浅間方面は雲に覆われている。休憩なしの2時間で堂岩山に到着。ここでようやく白砂山が見えてきた。雪の時期も良さそうな山容だ。
白砂山が姿を
 八間山への分岐のところで休憩。白い綿帽子のような花が美しい。ここで金曜日に買った防虫ネットを被る。
花の向こうに
 猟師の頭から一旦下り、そこから200m弱の登り返しで白砂山に至る。時間は8時前なので、約3時間で来れた。エアリアのコースタイムは、結構厳し目かもしれない。
白砂山山頂
 この頃から、時折雨がぱらつき始めた。そこそこ眺望はきき、佐武流山の向こうに三角錐の鳥甲山。
白砂からの鳥甲
 残念ながら、北側の苗場山は雲の下。ただし、しばらくすると東側の谷川から巻機山方面の視界が開けてきた。
苗場は雲の下
 分岐まで戻る途中で、何組かの登山者とすれ違う。分岐にも一人休憩している人がいる。
志賀の山々
 八間山へのコースも自然が豊か。足元にはギンリョウソウ。
ギンリョウソウ
 木の上にはカケスかな?
カケスかな
 頂上の少し手前にはシャクナゲ。
石楠花
 避難小屋のようなものが見えるあれが頂上だ。10時過ぎに着いた頂上には多くのハイカーがいて、早くもお食事時間のようだ。やや騒々しいので、タバコを1本だけ吸って下山に移る。
頂上の建物が見えた
 最後は車道をしばらく歩いて、駐車場には11:10頃戻ってきた。6.5時間で周遊完了です。
 帰りは中之条の手前で右に折れ、榛名山の西側を倉渕の方に回り込んで、高崎まで出、藤岡から関越に乗る。山の上と違って、埼玉は暑い。早くも梅雨明けだ。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wanishita.blog122.fc2.com/tb.php/655-2d69142c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

源流旅人

Author:源流旅人
沢登りで最初の一滴を求めて源流を遡る旅人

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード