源流旅人の山日記

手帳への記録が面倒になり、写真も合わせて記録できるブログ日記に変更

2013年6月23日 多摩川流域・入川谷

 昨日買ってきたソックスとシグマシューズを履いて、奥多摩の入川谷に行ってきました。
 いつもより近いので、自宅を5時に出て古里の先で入川谷に入る。林道終点はキャンプ地になっていて、テントが二張りあった。
入渓点
 6:30に沢に入るが、いきなりトバの倉骨のゴルジュ。取り付いてはみるが、落ちたらドボンなので、引き返して左から巻く。
トバの倉骨
 その上は一旦河原になり、川苔山方向が見える。
一旦河原に
 堰堤をいくつか超えて進むと、右手から布滝沢が流れ込む。寄り道して布滝を見物。
布滝
 戻ってしばしで、おそらくオキの倉骨だと思うが、流木に埋もれている。
オキの倉骨
 登れない(外道滝)。
外道滝
 これも左から巻き(銚子滝)。
銚子滝1
 やがてメインの速滝が登場。2段30mの立派な滝だ。左から巻いて、上段の滝の下に出る。
速滝上段
 写真を撮った後、再び左から巻き。虎ロープのかかったスラブを超えて、滝の落口に戻る。
巻きのスラブ
 まだまだ滝は続く。この10mナメ滝は下段を右から巻いて上部を登る。
10mナメ
 最後の二俣を右に入ったらすぐに水が消えてしまった。作業道にぶつかり、これを左に辿ると、先ほど見送った左側の沢を横切る。こちらは滝が続いているので、登ることにして詰めていく。最後は杉の斜面に上がり、再び作業道に乗り上がる。登山道を求めて左に進むと、この場所に出てきた。
ようやく登山道
 鳩の巣に下る道を進んで、途中から作業道に入ると突然お宮が登場。
日天神社
 この辺りと思しきところから斜面を適当に下ると、トバの倉骨の少し上に出たので、そのまま作業道を駐車場所に戻る。時間は12:20、ちょうど6時間ほどの沢登りでした。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wanishita.blog122.fc2.com/tb.php/646-565eda7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

源流旅人

Author:源流旅人
沢登りで最初の一滴を求めて源流を遡る旅人

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード