源流旅人の山日記

手帳への記録が面倒になり、写真も合わせて記録できるブログ日記に変更

2008年3月9日 谷川岳東尾根

 土曜日の午後出発で土合駅に5時に到着し、駅構内でテントを張る。1月に来たときよりも雪の量がはるかに多い。水上のコンビニで買ったビールとお弁当で夕食を済まし、7時過ぎには就寝。
土合駅1

 日曜日は朝3時に起きて、ロープウェイのところの駐車場に移動し(料金は1,000円)、4:30にヘッドランプを点けて出発。トレースがあったため、一ノ倉の出合には5:40頃到着。少し入ったところでアイゼンとハーネスを装着。徐々に明るくなってきて、衝立岩がよく見える。
一ノ倉出合いから

 最初に左から入ってくる沢が一ノ沢。4人パーティが先行し、ラッセルをしてくれている。
一ノ沢を登る

 途中で右から、一ノ沢右壁左方ルンゼの氷瀑が落ちてきている。面白そうなルートだ。
一ノ沢右壁左方ルンゼ

 シンセンノコルで先行パーティに追いつき、ラッセルのお礼を言う。神奈川と相模の合同パーティとのこと。
シンセン岩峰

第二岩峰手前

 第二岩峰で4人パーティがロープを出している脇を通り抜けて、雪の壁を登っていくが、急傾斜で周りが崩壊していくので、一旦下る。4人パーティが登りきるのを待って、我々もロープを出して岩場を登る。岩から雪に移るところのホールドが無く、結構怖かった。第二岩峰を抜けると目の前に急な雪面が現れ、岩峰を巻いてきたパーティが先に登っている。神奈川の4人パーティは雪の状況が良くないと判断して、下降していった。
第二岩峰を抜けた上の急登

 マチガ沢側に雪庇の張り出すリッジを登り、第一岩峰が目の前に見えるところまでくるが、先行パーティが動かない。3人組は下山していった。見ると雪庇に亀裂が入っている。残った深谷パーティがロープを出して、亀裂のすぐ脇を進むが、そのうちの一人が亀裂の中に吸い込まれてしまった。我々は亀裂の下に回り込み、第一岩峰へ。落ちた人も無事だった。
雪庇が張り出す

落ちた人

 第一岩峰は直登を避け、急な雪面をロープをつけて右から回り込むが、トラバースなのでラッセルに時間がかかった。そこからは二ノ沢を登ってきたと思しきトレースに合流し、オキノ耳直下の雪庇は左に回りこんで頂上へ。1:15頃で一ノ倉の出合から約7時間強かかった計算だ。
第一岩峰

頂上直下 頭上には雪庇

オキノ耳に飛び出る

 今日は一日快晴で、トマノ耳からは再来週に行く予定の小出俣山も良く見えた。もちろん登ってきた東尾根も。
トマノ耳から東尾根を見る

 元々の計画では西黒尾根を下る予定だったが、さすがに疲れており、頂上からは天神尾根を下り、ロープウェイで下山。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

深谷の落ちた人です。
こんな写真が掲載されていたとは 
思わず笑ってしまいました。
この写真、ダウンロードさせていただいて、
うちの会のブログに貼り付けさせていただいてよいですか?
よろしくお願いします。
http://blog.livedoor.jp/fukaya1964/

どうぞお使いください

室賀さん、ようこそご訪問いただきました。写真は私の同行者田中さん(リンク先を訪問してみてください)が撮ったものですが、どうぞご自由にお使いください。
深谷ブログを拝見すると、加藤さんは赤岳東稜に行かれたようですね。我々二人も昨年3月末に行ったので、懐かしく読みました。
またどこかの山でお会いしましょう。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wanishita.blog122.fc2.com/tb.php/61-3c614fea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

源流旅人

Author:源流旅人
沢登りで最初の一滴を求めて源流を遡る旅人

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード