源流旅人の山日記

手帳への記録が面倒になり、写真も合わせて記録できるブログ日記に変更

2013年1月6日 ハンノ木尾根から六ッ石山

 昨日車を車検に出してしまったので、今日は電車で奥多摩に出かけてきました。ハンノ木尾根から六ッ石山に登って石尾根を下るコースで、3日前に買った靴の足ならしです。
 5:30に荻窪を出て7:17に奥多摩に到着。2番乗り場から小菅行きの7:25発のバスに乗るが、まだ暖房が効いていないので、車内でも息が白い。境橋で降車して歩き始める。もう一人下車したが、彼はどこに行くのかな。
 境の集落に入口で左上の登り口に入る。エアリアでは登山道になっていないが、時折標識があり、ここにも手製の矢印があった。
登り口
 すぐにトロッコ軌道の下をくぐる。小河内ダム(奥多摩湖)建設のために使われた遺跡だ。
トロッコ軌道の下を通る
 民家をいくつか通りすぎ(多分人は住んでないんじゃないかな)、やがて見晴らしの効く場所に出てくる。最終民家のところから茅原の部分はやや道が不明瞭。この最終民家は人が住んでいて、番犬が柵の隙間からやってきた。しばし彼と一緒に登る。振り返ると川乗山。
川乗山が見える
 祠を過ぎてしばらくで防火帯に出る。途中の反射板のところでは、木の隙間に小河内ダムが見えた。2回目の休憩を入れてしばしで水根からの登山道に合流。
登山道に合流
 約3時間で到着した六ッ石山山頂は貸し切り。
貸切の山頂
 木の間からの富士山や、大菩薩の向こうの真っ白な南アを堪能しつつ、食事タイム。今日はクルトン入りキーマカレー・スープにしてみました。ラジオでは剱岳の遭難捜索の報道をしている。こんな雪の多い年によく剣に入るもんだ。
本日の食事
 さて石尾根の下山に移ろう。以前鷹ノ巣山から歩いた時にはパスした狩倉山と三ノ木戸(さぬきど)山を今回は登ってみる。狩倉山から適当に先に進んだところ、危うく山ノ神尾根を下りそうになる。何か変だなと感じて軌道修正し、次の三ノ木戸山に。登山道に戻ったところで、振り返った樹間の狩倉山を撮影。
狩倉山を振り返る
 途中2組の登山者にすれ違い、一旦車道に。羽黒三田神社を過ぎて奥多摩駅には13時過ぎに戻ってくる。財布を出すのにもたもたしていたら、13:08の電車が出てしまった。アーア。仕方がないので2階にあるカフェ風のお店で「わさびコロッケ・バーガー」350円なりを食べて時間調整。普通ならばビールを飲むところだが、今日は車を引き取りに行くのでお預け。
わさびコロッケバーガー
 15:20頃西荻窪で下車し、車検の終わった愛車フォレスターを受け取って帰宅。やや寒かったけれども、ほどよい疲れでいい山行でした。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

ハンノ木尾根は新しいエアリアには載ってないけど20年前のエアリアには点線で載ってます。
未だ歩いた事がないので今度行ってみようかな。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wanishita.blog122.fc2.com/tb.php/601-8ff77b67
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

源流旅人

Author:源流旅人
沢登りで最初の一滴を求めて源流を遡る旅人

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード