源流旅人の山日記

手帳への記録が面倒になり、写真も合わせて記録できるブログ日記に変更

2012年10月27日多摩川源流水干沢から笠取山

 本日土曜日は天気が保つはずだったので、紅葉の多摩川源流を楽しむつもりで、水干沢から笠取山に登って、近くの藤尾山に寄り道するつもりでしたが、あいにくの雨で水干沢だけで終わってしまいました。
 朝4:30に出発して青梅街道で丹波の先へ向かう。おいらん淵の辺りは新しいトンネルが出来ていて、一之瀬への道をあやうく通り過ぎそうになった。7時前に到着した作場平の駐車場には、雨にもかかわらず結構車が停まっている。
 本日のコースは、登山道をしばらく登って途中から水干沢に入り、笠取山に登り、登山道を下山。下の写真は下山時に笠取小屋前で撮影したもの。
源流のみち案内図
 15分ほどで登山道が水干沢を横切るところから入渓。
入渓点
 しばしで登山道(巡視路かな)が横切るとナメが現れ、紅葉の中を進む。天気が良ければ最高だっただろうな。
ナメ床が現れる
 やがて顕著な二俣に。多分右は黒エンジュ沢だな。ルート図も持っていないので良くわからない。
黒エンジュとの二俣
 ようやく登場した滝も小振り。
小滝のみ
 ふと見ると、岩にエイリアンの化石があった。
エイリアン
 二つ目の登山道を超えると源流は近い。
水源は近い
 最後は熊笹の覆いかぶさる中を進んで、多摩川源流に到着。写真のお兄さんは下から現れた旅人に驚いていた。
多摩川源流
 藤尾山を断念して時間もあるので、水干の碑のところから枯れた沢を辿って頂上を目指してみる。
水干の碑
 抜け出たのは標識のある頂上から東に50mほど寄ったところだった。先客が二名いる頂上は雨で展望皆無。笠取はこれで4回目だから、まあいいか。
笠取頂上だが
 ぬかるみ気味な頂上からの道を慎重に下って、小さな分水嶺に。ここは多摩川、荒川、富士川三つの水系の分かれる場所なのだ。
分水嶺
 笠取小屋前で休憩して、作場平らには11時前に戻ってきた。4時間は物足りないな。ちょっと不満だけど、シグマシューズの確認だと割り切ろう。多分これが今シーズン最後の沢だろうな(寒かった)。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wanishita.blog122.fc2.com/tb.php/580-b208625d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

源流旅人

Author:源流旅人
沢登りで最初の一滴を求めて源流を遡る旅人

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード