源流旅人の山日記

手帳への記録が面倒になり、写真も合わせて記録できるブログ日記に変更

2012年10月6日 会津駒ヶ岳

 この三連休は事前の天気予報もまずまずだったので、紅葉を期待して桧枝岐まで遠征してきました。
 初日は会津駒ヶ岳。前夜に出発するつもりが、何だか気が乗らず、当日2時に起きて3時に出発。この時間なら高速も空いていて順調に進め、現地登山口には6:30に到着。今回は、事前に用意してあったワインとパイナップルの缶詰を車に積み忘れたので、塩原のコンビニで調達したが、それ以外に店はほとんどないので、西那須ICを降りたらから直ぐによった方がよさそう。
 さすがに紅葉時期の百名山、係りの人が駐車場所の指示を出している。旅人も登山口まで10分ほど下に駐車。天気は今一つだが、7時前に出発。
会津駒登山口
 気持ちの良いブナなどの自然林の中を進み、1時間ほどで水場のある地点に。水場は登山道かは2-3分下ったところで、ほんのわずかちょろちょろと流れていた。
水場はチョロチョロ
 休憩なしでそのまま登り続けると、やがて東側の視界が開けてくる。明日登る予定の帝釈山かな。
帝釈山か
 さらに一登りでベンチのある場所まで来ると、会津駒の頂上と小屋が見えてくる。この辺りから草紅葉のオンパレード。
小屋が見えた
 木道を小屋に向かう。
小屋が近づく
 駒の小屋には9時過ぎに到着。休みなしで2時間少しと、かなりのペースで登ったので、途中で40-50人は追い抜いた。駒の小屋は快適そうないい小屋だ。
駒の小屋
 休憩後さらに一登りで会津駒ヶ岳の頂上に(9:25)。雲がかかって展望がきかず残念。
会津駒ヶ岳頂上
 さて中門岳に足を延ばそう。右手に見えるのは御神楽沢の源流だな。
御神楽沢源流域
 中門岳まではずーっと湿原地帯が続く草紅葉のプロムナード。晴れていればな。
中門岳に向かう
 10:10に中門岳の一番奥の池塘に到達。少し雲が取れて、北東に三岩岳と思われる山が姿を見せる。
三岩岳かな
 駒ヶ岳を眺めながら、食事。今回初の試みで、ソフト・フランスパンにハムを挟んでみた。やっぱりレタスとマヨネーズがあったほうがいいかな。
中門岳から駒ヶ岳を見る
 巻き道をとらずに駒ヶ岳の頂上にもう一度登り下山。それでも登山口には12:30頃着いてしまう。時間調整で竜ノ門の滝を見物に出かける。滝の高さぐらいに登る展望台まで結構きつい登りだ。下ノ沢にはいずれ行ってみたいな。夏の日の長い時期なら日帰りでも行けるんじゃないかな。
竜ノ門の滝
 さて、片づけをして13:30に移動開始。湯の花温泉先の林道を田代山の猿倉登山口を目指す。林道はダートだが、先日の安平路に比べれば天国のようなもの。それよりもゼッケンをつけたオフロード・バイクが次々とやってくるので、カーブの度に気を使う。
 トイレのある下の駐車場に14:40に着いて、テントを設営。本も持ってきたが読む気にならず、手持無沙汰で17:30には寝てしまった。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wanishita.blog122.fc2.com/tb.php/575-d02aeb79
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

源流旅人

Author:源流旅人
沢登りで最初の一滴を求めて源流を遡る旅人

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード