源流旅人の山日記

手帳への記録が面倒になり、写真も合わせて記録できるブログ日記に変更

2012年9月15-18日 北ア裏銀座 3日目(黒部五郎往復から双六小屋)

 暗いうちに食事を終え、5時前にテントを出発。本日は長躯黒部五郎岳を往復し、それから双六小屋まで移動する長い1日。
 三俣蓮華の巻き道を進むと、黒部の源流が目の前に広がる。
黒部源流地帯
 荷物が軽いのをいいことにすっ飛ばし、黒部五郎小舎まで1時間40分。小屋で天気を尋ねたら、今日も何とか良さそう。カールを進むと水が流れている場所に。黒部の原流水で一息つき、鷲羽岳を眺める。
カールから鷲羽
 眼前には黒部五郎の頂上。
カールから黒部五郎
 ルートはやや右寄りから稜線に上がり、肩から頂上へ進むようになっている。今回3つ目の百名山には8:30に登頂。今日は風が強い。残念ながら槍穂は雲の中。
黒部五郎頂上
 頂上から下る途中で眺める雲ノ平は、北アのヘソのような場所に位置する台地。
雲ノ平の台地
 テントに戻る途中で雲が上がり、笠ヶ岳の姿がドーンと現れる。すごく綺麗なピラミッド。
笠ヶ岳はピラミッド
 巻き道の途中でキイチゴを見つけて休憩。戻る途中の三俣蓮華のカールには残雪が残る。
三俣蓮華の残雪
 鷲羽岳、ワリモ岳、水晶岳がきれいに並ぶ。
鷲羽から水晶
 12時半頃テン場に戻り、テントを撤収して双六への移動を開始。さあ、ここからは槍ヶ岳の独り舞台。
三俣蓮華への登りから
 ひいこら言いながら三俣蓮華、丸山を越え、なんとか双六岳に辿りつく(14:55)。相変わらず強風の中を槍に向かって進む。この絵はどこかで見たような構図だな。
槍に向かって進む
 16時前に小屋に着いてテントを設営するが、一人では手に負えず、周りの方々の手を借りて何とか張り終えることができた。夜中も強風が吹き荒れ、テントは傾き、フライシートの張りゴムは千切れる始末。フライがばたつく音でほとんど眠れない一晩を過ごす。こんな強風だと西鎌尾根はきつそうだな。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wanishita.blog122.fc2.com/tb.php/565-72d07886
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

源流旅人

Author:源流旅人
沢登りで最初の一滴を求めて源流を遡る旅人

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード