源流旅人の山日記

手帳への記録が面倒になり、写真も合わせて記録できるブログ日記に変更

2012年9月15-18日 北ア裏銀座 2日目(水晶岳・鷲羽岳経由三俣山荘)

 さあ、いよいよ裏銀座の縦走開始。5:10にテン場を出発。まずは三ッ岳への登りだが、周りの山が朝日に染まり始める。これは赤牛岳と薬師岳。
朝焼けの赤牛岳
 振り返ると烏帽子岳の向こうに立山。
烏帽子の向こうに立山
 そして今回初めて槍ヶ岳が姿を現す。裏銀座は槍の姿を眺めながら少しずつ近づいていくコースなので、この後もずっと一緒。
初めて槍が見えた
 途中でまたもブルーベリーを見つけて休憩をいれつつ、野口五郎岳には8時に到着。南の奥には笠ヶ岳の丸い頭が見える。
野口五郎から笠
 北側の後立山の山並みもくっきりで、白馬まで見通せる。
後立山
 真砂岳を巻いて進み、東沢乗越への下りで鷲羽岳を撮影。
東沢乗越への下り
 東沢乗越から水晶小屋への登りがきつかった。それでも小屋に着いたのは10:45だから、まずまずのペース。カメラだけ持って、水晶岳の往復に向かう。雲ノ平の向こうに、明日登る予定の黒部五郎岳が美しい。
水晶への途中で黒部五郎が姿を
 水晶岳は主縦走路からは外れた位置にあり、往復で約1時間。今回1つ目の百名山だ。
水晶岳
 頂上からは360度の眺め。北には今まで立山の影に隠れていた剣岳が姿を見せる。
剣が見えた
 そして野口五郎方向の山並み。あっちから歩いてきたんだ。
あっちから歩いてきた
 水晶小屋に戻って休憩。10数名の高齢女性の集団は、ガイドツアーだろうか、これから雲ノ平に向かうようだ。さて、旅人も縦走再開、最後の鷲羽岳を目指す。ワリモ岳への登りの辺りから、疲れて立ち止まることが多くなる。本日2つ目の百名山鷲羽岳には13:30に登頂。こちらも眺めは最高だ。背景の槍は雲の中なのが少し残念。
鷲羽岳頂上で
 真下に見える三俣山荘を目指してガレた斜面を1時間ほどくだり、14:30に小屋に到着。先ずはビールを飲んでテントを設営。鷲羽から水晶までが望める最高のロケーション。
今宵のお宿
 本日は9.5時間の行動で、ずっとお天気が良かったもんだから顔と手が真っ赤。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wanishita.blog122.fc2.com/tb.php/564-640c8a6b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

源流旅人

Author:源流旅人
沢登りで最初の一滴を求めて源流を遡る旅人

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード