源流旅人の山日記

手帳への記録が面倒になり、写真も合わせて記録できるブログ日記に変更

2012年9月9日 丹沢・檜洞

 N夫さんと丹沢の檜洞に行ってきました。白い岩が気持ちのいい沢で、天気も良く最高でしたが、9時間行動はちょっとキツイ。
 前回に続いて道の駅山北で待ち合わせて、ゲートに移動。6:40に出発し、ユーシンロッジには8:10に到着。綺麗なところなのに営業していないのはもったいない。覗いた避難室もきれいに整理されていた。
ユーシンロッジ
 一旦、東電の第2発電所の所から沢に下りたが、高い堰堤が見えたので、元に戻って高巻く。堰堤下の釜でフライ・フィッシングの人がいた。最初の滝は右からバンドに上がって登る。
最初の滝
 続くチョックストーンの滝は、大石に右足を上げて左に移動。N夫さんは大石を這い上がってきた。
チョックストーンの滝
 しばしで魚止滝。まともには登れないので、左の岩場を上がる。
魚留滝
 おー、これはすごい大岩の滝だ。
大岩の滝
 ユーシン沢の出合で休憩し、ザンザ洞を通過。この滝は左の草付きに虎ロープがぶら下がっていたが、正面突破。
右から登る
 奥の魚止滝は上段がつるつるで登れない。途中から右手を高巻く。
奥の魚留滝
 今回初めて試すシグマ・シューズ。花崗岩には抜群のグリップ力。さすがは魔法の靴だ。念のため渓流シューズも持ってきたが、使わずに済んだ。
魔法の靴
 11時過ぎに経角沢と思しき沢に入る。水は減り、倒木が目立つ。
経角沢の小滝
 ガレた沢を詰めていくと、最後は崩壊地になるので、右手の尾根から登山道に上がる。同角ノ頭の少し北側のようだ。
登山道に出た
 12:20に下山開始。蛭ヶ岳も見え始めた。
蛭ヶ岳を望む
 歩く人が少ないのか、道はあまりよくないが、やせ尾根だったり、橋がかかっていたりと変化に富んでいる。
変化に富んだ道
 大石山への登り返しはザレた花崗岩のクサリ場。
大石山への登り
 大石山まで1時間。休憩の後、最後の下りにかかると、途中におそらく山名の由来であろう大石があった。
大石
 長い林道歩きを終えて駐車場には15:30に戻ってくる。帰途の東名の渋滞もあり、疲れました。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wanishita.blog122.fc2.com/tb.php/561-c50547c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

源流旅人

Author:源流旅人
沢登りで最初の一滴を求めて源流を遡る旅人

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード