源流旅人の山日記

手帳への記録が面倒になり、写真も合わせて記録できるブログ日記に変更

2012年8月25-26日 甲斐駒・黄蓮谷右俣1日目

 昨年台風のために中止にした黄連谷右俣に、Σさん、山ちゃん、高橋くんと行ってきました。結構きつかったけれども、予想通りに素晴らしい沢でした。
 金曜の20時に荻窪を出て、駒ヶ岳神社の駐車場には22:30着。土曜の朝は5:30頃に日向山駐車場までΣさんの車で移動し、準備を整えて6時過ぎに出発。最初は1時間強の林道歩き、途中には錦滝やγルンゼがあるが、冬とはまるで雰囲気が違う。林道終点から急な踏み跡を河原まで下り、準備完了(7:20)。すぐに釜をもった小滝が現れる。その次がこの滝。左のコーナー沿いに上がると、最後はロープが張ってあった。
二番目の滝
 この後も似たような滝が続く。ワイヤーのある滝は腰まで釜に浸かって左手から超す。この滝は左から高巻くが、踏み跡も乏しくきびしい。
左から高巻く
 やがて有名な噴水滝に。今日は水量が少ないのか、噴水の勢いがない。
噴水滝
 獅子岩を過ぎるとやがて黄連谷の出合(9:20)。最後にここに来たのはもう30年ほど前の年末。あの時は平井さんと西坊主沢か滑滝沢のアイスだったけど、よくこんなところまで来たものだ。
 黄連谷に入って30分ほどで千丈ノ滝。少し戻って右岸から昔の登山道に入る。
千丈ノ滝
 五丈沢が左から入ってくる上の滝は右から巻くが、途中にはいいテン場があった。10:50に坊主滝に到着。まだ大きな雪の塊が残っている。ここは右手のルンゼを上がり、落ち口目指してトラバース。
坊主の滝
 二俣には11:20に到着。左俣よりにスラブを上がろうと試みるが、途中のぬめりに恐れをなして退却、右からの高巻きに入る(Σさんはスラブを登ってました)。あまり上がり過ぎると戻れなくなるので、残置シュリンゲのある木から懸垂で沢に戻る(10m強の空中懸垂)。
二俣
 しばらく岩の転がった沢を歩くと、いよいよ奥千丈滝が始まる。時刻は12:30で結構疲れているから、気合を入れなおす。
奥千丈に突入
 先行した二人は右手からスラブを越えたが、フェルトの二人には厳しそうだったので、上からお助け紐を出してもらって水流を突破。
お助け紐
 その上には悪意に満ちたようなテカテカの滝。右寄りを何とか登っていく。
テカテカの滝
 最後は斜めに走ったクラックを登る。Σさんだけは流れ横のスラブをヒタヒタと歩いていた(さすが魔法の靴)。
上のクラックをトラバース
 奥千丈も終了し、ここを上がったところで休憩。
この先で休憩
 休憩した上の滝で、水流を登っていた高橋くんが5mほど滑落。指を切ったぐらいで、大きなけがはなくてよかった。時間も14:30でそろそろ幕営場所を探さなければならない。
一名滑落
 Σさんと山ちゃんに先行してもらって慎重に進み、インゼルの真ん中に上がる。そのまま木登りでインゼルを抜けて、焚火跡のある幕営場所に到着。時刻は15:30、9.5時間行動はきついな。
 ツエルトを張って、薪を集め、盛大に焚火。暖をとりながら食事を済ませ、19時に就寝。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wanishita.blog122.fc2.com/tb.php/557-a216c3e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

源流旅人

Author:源流旅人
沢登りで最初の一滴を求めて源流を遡る旅人

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード