源流旅人の山日記

手帳への記録が面倒になり、写真も合わせて記録できるブログ日記に変更

2012年7月29日 尾瀬・片品川流域根羽沢・大薙沢

 夏本番、尾瀬の根羽沢・大薙沢に行ってきました。やや単調な感じですかね。
 土曜の16時に荻窪を出発し、沼田ICから尾瀬を目指す。途中のベイシアで夕飯の買い出しをして、19時過ぎに大清水に到着。第3駐車場にテントを張って、オリンピックの女子サッカーを聞きながら食事。日光方面では雷の光が見える。夜半にはこちらも一雨来た。
 朝は食事を済ませて5時に出発。林道を30分ほどで物見橋に到着し、準備して入渓。50mも行くと最初の滝が現れる。やや右手から超える。
最初の6m滝
 さらにしばしで、金山軌道跡の下の滝を経つって通過。
軌道下の小滝
 下流部は割と単調。
下流域2
 40分で二俣に。右岸から入る枝沢を超えるとようやく連瀑帯に。三段15mは左から登って水流を右に移るが、最後が少し緊張する。
15m三段
 その上もナメ滝二段15m。
15m二段
 倒木のある滝は右のガレから巻くが、流れに戻る最後の一歩が少し悪い。
倒木のある10m
 奥の二俣は右に入るが、水を追いかけていると結構なガレ場が現れる。右手には1891mピークと四郎山が見えていて、かなり燕巣山に近いところを登っているようだ。
ガレから四郎山
 ガレ場を登り切り、途中から右寄りに進路を変更して獣道を辿り、何とか登山道に合流。四郎峠で休憩した後、右俣に入る。水流が現れてすぐに、左岸から赤っぽい立派なナメ滝が合流。
左岸から入る25mナメ
 この先から延々とナメが続く。
こんなナメが続く
 これは右俣唯一の滝らしい滝。
唯一滝らしい滝
 10:30には二俣に戻ってくる。ここまでくればあと1時間ちょっと。物見橋手前の滝も懸垂しないで下りれた。大清水の駐車場で着替えを済ませて、11:30に出発。荻窪には14:10に戻って来た。フレンドにフェルト張替えの靴を取りに行ったが、まだ出来ていませんでした。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

羽根沢ではなく根羽沢です。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wanishita.blog122.fc2.com/tb.php/553-cf2d5120
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

源流旅人

Author:源流旅人
沢登りで最初の一滴を求めて源流を遡る旅人

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード