源流旅人の山日記

手帳への記録が面倒になり、写真も合わせて記録できるブログ日記に変更

2012年6月10日 富士山登頂

 朝は3時過ぎに起きだし、ちんたらと食事と準備を済ませて4:30に出発。まずは最初の難関のバリケードを乗り越えて登山道に入る。
バリケードを越えて出発
 歩き始めてすぐに六合の小屋。ここにもバリケードがある。当然これも乗り越えて進むと残雪が本格的になってくる。アイゼンとピッケル、さらにはヘルメットを装着。右手には宝永山の向こうに朝日がまぶしい。東京方面は雲海の下。
宝永山の向こうに朝日
 基本的に夏道はたどらず雪を拾って歩く。八合に向かって直登。背景は気持ちの良い青空だ。
八合を目指して直登
 八合目には7時前に到着。鳥居のところに何故か片足のスキー・ブーツが置いてある。タバコを一服して休憩。ここまでは比較的順調だが、ここからが長い。頂上稜線が見えてくるころには、空気が薄いのか足が鈍ってくる。
九合の手前から頂上を見上げる
 ようやく浅間大社奥宮の鳥居も目視できるようになるが、20歩歩いては休憩で、5-6人に追い抜かされる。
奥宮の鳥居が見えてきた
 奥宮には9時前に到着。まだ剣ヶ峰までは少しある。お握りを食べて休憩。
奥宮から剣ヶ峰
 ひと踏ん張りで日本最高所3,776mに到着。
日本最高所
 雪が積もっているので、実際には観測所の屋根の方が2mほど高いんですけど、まあいいか。
ドームのない観測所
 すべてが雲の下で、かろうじて南アが見えるような気がする(日本第2位は北岳3,194m)。振り返ると奥宮の先にも雲海が広がる。
浅間大社奥宮
 下りは尻セードで快調に飛ばす。途中で太ももが攣ってしまいましたが。七合を過ぎると雨雲の中に入ってしまった。
最後は雨
 それでも駐車場には10:45頃に戻ってきたので、下りは1.5hもかかっていない。梅雨入り直後の素晴らしい条件に恵まれ、きつかったけれどもいい山登りができました。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wanishita.blog122.fc2.com/tb.php/543-038a1f0e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

源流旅人

Author:源流旅人
沢登りで最初の一滴を求めて源流を遡る旅人

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード