源流旅人の山日記

手帳への記録が面倒になり、写真も合わせて記録できるブログ日記に変更

2012年4月28-29日 大菩薩山嶺 1日目長峰から大峠

 GW連休の前半は、テントを持って大菩薩山嶺の長峰から楢ノ木尾根を周回してきました。天気にも恵まれ充実した山行でした。
 出発点の小金沢公園には7:30に到着。意外なことに車が1台停まっている、釣り師かな。準備を整えて7:45に出発。
小金沢公園
 8時に長峰にとりつく。登り始めてしばしで土室川側に伸びる道に入る。多分、地図の黒破線の道だろう。緩やかに登って、標識のあるところから稜線に上がる。尾根上には祠があった。
上がった所の祠
 ここからもしっかりした道をカネツケノ頭を目指す。途中で枝払いの作業をする人たちに出合って本日1回目のビックリ。カネツケノ頭まで2時間休みなしに歩いたが、おそらくこれが本日の失敗のもと。やはり1時間に1回くらいは休憩しないと、後が持たない。何の標識もない白草ノ頭に寄り道。
白草ノ頭からの雁ヶ腹摺山
 前方から熊鈴が聞こえてきて、単独行者と遭遇。向こうも驚いていたが、こちらもビックリ。やはり物好きはいるんだと、本日2発目のビックリでした。
 1500mを超える辺りから熊笹が増え始める。何故か道がトラバースになり、しばしで水場があったので水筒に補給。全然登らないのでおかしいなと思い、上を目指して笹の藪コギに突入。
1500m近辺
 何とか本来のルートに合流。ここで1時間も費やしてしまった。1700m辺りで休憩して、14時過ぎに牛ノ寝通りに出合う。目論見では4時間で登るつもりが、実際には6時間もかかってしまった。
やっと牛ノ寝通りと合流
 石丸峠に出てようやく西側の光景も眺められるようになった。峠にいた単独行者は松姫峠から三頭山に行くとのこと。ふーん、そういうコースもありなんだ。
石丸峠
 峠の先に上がって南を見ると、小金沢山から黒岳への山波が続く。まだまだ先は長いぞ。
先は長い
 といことで、耐え切れず麦の水とお握りでエネルギーを補給。
エネルギー補給
 狼平は何度来てもいいところだな。
狼平
 小金沢山には15:30に到着。大峠までまだこれから3時間、疲れたな。
小金沢山頂上
 次の牛奥ノ雁ヶ腹摺山でようやく富士山が見えた。うっすらとして、デジカメでは写りが悪い。
牛奥ノ雁ヶ腹摺山からの富士山
 賽の河原に下って行く途中から三頭山が東に見える。
向こうには三頭山
 賽の河原で休憩して最後の登りに取り掛かるが、ここで本日3度目のビックリ。何と登山道の真ん中に鹿の死骸。さすがに角を獲る勇気はない。
びっくり
 川胡桃沢ノ頭を17時過ぎに通過。陽が長くてよかった。
川胡桃沢ノ頭からの富士山
 黒岳頂上到着は17時。三度目の頂上だが、何だか前回よりは開けた感じがする。
三度目の黒岳
 休憩もそこそこに下山に移り、へろへろになりながら18:20には大峠に到着。何とかヘッデンのお世話にならなくてすんだ。暗くなる前に水を確保したいのだが水場の場所が分からない。適当に沢の水をくんで、休憩舎の中にテントを張り、本日の行動は終了。いやいや10時間を超える行動は久々で、夕食もそこそこに20時に就寝しました。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wanishita.blog122.fc2.com/tb.php/529-31c00ac1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

源流旅人

Author:源流旅人
沢登りで最初の一滴を求めて源流を遡る旅人

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード